タフで壊れにくいコラボ 八村塁 ×「G-SHOCK」 初シグネチャーモデル登場

耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」が、プロバスケットボールプレイヤー八村塁の初シグネチャーモデル『GST-B100RH』を発表した。

「G-SHOCK」と八村塁は2019年11月にグローバルパートナーシップ契約を締結。この『GST-B100RH』は、学生時代からG-SHOCKを愛用している八村選手がデザインを監修している。ベースには、異素材を組み合わせたベゼルが特徴の「G-STEEL」シリーズより、大型のディスク針を備えたアナログクロノグラフ「GST-B100」を採用した。

ブラックを基調にメタル部分にエッジの効いたゴールドIPを施し、クールな印象の本モデルは、八村選手の名前や背番号の“8(八)”にちなんで、8時のインデックスやボタンパイプ、ディスク針には、情熱的なレッドカラーを使用している。

また、シグネチャーモデルの証として、裏蓋や遊環、専用パッケージには“Black Samurai logo”と呼ばれる八村選手オリジナルのロゴを配している。

八村選手は「僕がイメージしたデザインそのままに完成され、すばらしいです。色々なファッションに合いそうで良いですね。僕のロゴが時計に刻まれているのもすごくかっこいいですし、僕にとって重要なシンボルなので嬉しいです」とコメントしている。

『GST-B100RH』は、8月8日(土)より発売される。

CASIO G-SHOCK/YouTube

CASIO G-SHOCK/YouTube

TAGS