未来への希望 G-DRAGON × NIKEが作るバスケットコート

BIGBANGのG-DRAGONが手掛けるファッションブランド「PEACEMINUSONE(ピースマイナスワン)」とNIKE(ナイキ)のコラボシューズ『Air Force 1 “Para-noise”(エア フォース 1 パラノイズ)』の発売を記念して、G-DRAGONがバスケットボールコートを寄贈。韓国・ソウルにあるオリンピック公園で寄贈式が行われたことをNIKEが発表した。G-DRAGONのこだわりが詰まった“Para-noise”のアートワークを散りばめたコートだ。

View this post on Instagram

PEACE•NOISE•ONE

A post shared by 권지용 (@xxxibgdrgn) on

この韓国初の“アートコート”は、センターサークルに「PEACEMINUSONE」のロゴであるデイジーの花、サイドラインにG-DRAGONがコラボシューズに描いたアートワークと“THE FLOWER IS THE YOUTH OF LIFE”のメッセージがあしらわれている。また、バスケットゴールのバックボードには、NIKEのスローガン“JUST DO IT”が韓国語で刻まれている。

今回の“アートコート”の設置には、スポーツ環境を改善する趣旨があるだけではなく、スポーツと文化を楽しむすべてのコミュニティに変化をもたらし、彼らの新たなインスピレーションを広める希望が込められているという。

G-DRAGONは寄贈に際して、「スポーツと文化を楽しむすべての人々が、より一層自信を持ち、自分の能力を最大限に発揮できればと思う。彼らの文化とエネルギーが、今後もより広く共有されて尊重されることを願っている」とコメントしている。

1982年に登場して以来、アート・音楽・デザイン・ストリートカルチャーを含めた様々な分野でインスピレーションの源になってきた「Air Force 1」。今回のコラボレーションを通して、スニーカーの象徴的な意味を再確認することにもつながりそうだ。

Nike/YouTube

TAGS