デッドプールから平凡な男へ “モブキャラ”はヒーローになれるか

ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルとクールで過激なアクションで、世界中を魅了した「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが、何でもありの<ゲームの世界>を舞台に、今度はありえないほど平凡すぎる新キャラクターに挑む、新感覚アクション・エンターテイメント『フリー・ガイ』の日本公開が8月14日(金)に決定した。

20世紀スタジオ 公式チャンネル/YouTube

物語の主人公は平凡で退屈だと感じながら毎日を繰り返す、銀行窓口係の男=ガイ。予告編では、ルール無用、何でもありの暴力に溢れた街で、毎日毎日強盗に襲われる銀行窓口係のガイが、そんな退屈な日常に疑問を抱き、ある日ついに強盗に反撃。奪い取った眼鏡を掛けてみると、街中に今まで見えていなかったアイテムやミッション、謎な数値があふれていることに気がつき大興奮。この世界はビデオゲームの中で、自分はその“背景(モブ)キャラ”だという衝撃の事実に気づいたガイが、“正義の味方”になるために立ち上がる姿が描かれる。

その観たこともない新感覚な映像から、ライアン・レイノルズ自ら“現代版「バック・トゥ・ザ・フューチャー」”と呼ぶ本作。はたして、ただの“モブ男”にすぎないガイは、愛する彼女と街の平和を守り、主人公=ヒーローに成り上がれるのか? アルゴリズム=運命に立ち向かうガイの姿に期待が高まる。

監督は、「ナイト ミュージアム」シリーズや「ストレンジャー・シングス 未知の世界」など、ジャンルを超えて活躍する稀代のヒットメーカー、ショーン・レヴィ。脚本は「アベンジャーズ」や「レディ・プレイヤー1」のザック・ペンと「クリスマス・クロニクル」のマット・リーバーマン。音楽は「アナと雪の女王」シリーズのクリストフ・ベックが務める。

そして共演は、「キリング・イヴ/Killing Eve」でテレビ界最高峰の栄誉となるエミー賞主演女優賞を獲得した新進気鋭のジョディ・カマーをはじめ、「ジョジョ・ラビット」で監督・脚本・出演の三役をこなし見事アカデミー賞を受賞したタイカ・ワイティティ、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のスティーブ役で人気急上昇のジョー・キーリーなど多彩なキャストが集結。ゲームの世界ならではのダイナミックでユニークなアクションと、次々と想像を裏切るスリル満点のアドベンチャーを盛り上げる。

eスポーツに世界中がますます注目する中、ゲームの世界を舞台に描くバーチャル時代の全く新しいアクション・アドベンチャー映画『フリー・ガイ』は8月14日(金)全国公開。

©︎2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

TAGS