2度の公開延期をネタに ライアン・レイノルズが動画でふざけまくる

ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルとクールで過激なアクションで世界中を魅了した「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが、何でもありの<ゲームの世界>を舞台に、今度は“平凡すぎ”て“いい人すぎる”新キャラクターに挑む『フリー・ガイ』が、2021年1月8日(金)に全国公開される。この度、本作のキャスト陣がオンライン会議を開催し、2度の公開延期をもネタにしてしまう“予告編の予告映像”が公開された。

20世紀スタジオ 公式チャンネル/YouTube

日本でも大旋風を巻き起こした『デッドプール』でお馴染みのハリウッドスターであるライアン・レイノルズ。彼はTwitterのフォロワー数が1664万人超え、Instagramのフォロワー数は3607万人(10/8現在)を超える世界的大スターであり、SNS上での“おふざけ投稿”が有名でたびたび世界中で大きな話題を呼んでいる。

View this post on Instagram

These fucking assholes said it was a sweater party. 🎄

A post shared by Ryan Reynolds (@vancityreynolds) on

例えば『デッドプール2』ではオープニングテーマ「アッシュズ」を歌うセリーヌ・ディオンの歌声に合わせてデッドプールが華麗なるダンスを披露するブラックユーモアに溢れたコラボ映像を投稿したり、ライアンがピカチュウを演じた『名探偵ピカチュウ』では全編流出と見せかけてピカチュウが1時間半以上踊りまくる映像を投稿するなど、これまでも宣伝においてSNS上でユニークな映像をファンに届けてきた。

そして本作でもそのライアン流のおふざけ動画は健在で、ライアンだけでなくキャスト陣とオンライン会議で予告編を“予告”する映像が到着。映像の初めは普通の予告編…かと思いきや、いきなり「しかし…」という言葉が現れる。いきなりライアンらキャストたちのテレビ電話の画面に切り替わり、本作が2度も公開延期になったことをネタにし、ショーン・レヴィ監督を筆頭に「クリスマス公開!」「お正月公開!」「バレンタイン公開!」など新しい公開日の候補日を提案していく様子が映されている。キャスト陣の仲の良さが伝わってくる映像となっており、日本でも来週予告編が解禁されるので到着を楽しみに待ちたい。

本作は、ルール無用・何でもありの<ゲームの世界>が舞台となる。ライアン演じる“ガイ”が、ある日、自分が<ゲームの世界>の背景(モブ)キャラであることに気づき、平凡な背景(モブ)キャラながらも<ゲームの世界>を守るために“いい人”を武器に立ち上がる物語だ。

監督は、「ナイト ミュージアム」シリーズや「ストレンジャー・シングス 未知の世界」など、ジャンルを超えて活躍する稀代のヒットメーカー、ショーン・レヴィ。脚本は「アベンジャーズ」や「レディ・プレイヤー1」のザック・ペンと「クリスマス・クロニクル」のマット・リーバーマン。音楽は「アナと雪の女王」シリーズのクリストフ・ベック。共演は、「キリング・イヴ/Killing Eve」でテレビ界最高峰の栄誉となるエミー賞主演女優賞を獲得した新進気鋭のジョディ・カマーをはじめ、「ジョジョ・ラビット」で監督・脚本・出演の三役をこなし見事アカデミー賞Rを受賞したタイカ・ワイティティ、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のスティーブ役で人気急上昇のジョー・キーリーなど多彩なキャストが集結。

豪華キャストとスタッフが集結した本作で、ライアン演じる背景(モブ)キャラ・ガイはどのようにして世界を変えていくのか? ガイは果たして世界を救うヒーローになれるのか?

eスポーツに世界中が注目する中、ゲームの世界を舞台に描くバーチャル時代の全く新しいアクション・アドベンチャー映画『フリー・ガイ』は2021年1月8日(金)より全国公開。

©︎2020 20th Century Studios.All Rights Reserved.

TAGS