『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』にインスパイアされたスペシャルZINEが発売

アメリカ西海岸サンノゼを拠点に2016年にスタートしたバスケットボールカルチャーマガジン「FRANCHISE(フランチャイズ)」が、マイケル・ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』にインスパイアされたスペシャルなZINEをリリースした。

この『DYNASTY ZINE』には、90年代の伝説的なシカゴブルズチームに敬意を表し描かれた、マイケル・ジョーダンをはじめ、当時ブルズに在籍したデニス・ロッドマンや、スコッティ・ピッペンのグラフィックをフィーチャーしたオリジナルのアートワークが多数掲載されている。

カバーデザインを担当したアーティストのJulian Duronは、「表紙のデザインは、カトリックのミサで見た大きなローマ数字が表紙に書かれたパンフレットにインスパイアされました。この当時のブルズのことはよく覚えています。間違いなく、宗教やカルトに匹敵する求心力があり、誰もがファンだった」と語っている。

『DYNASTY ZINE』は、FRANCHISE公式サイトにて販売中。なお、売り上げは、新型コロナウイルスのパンデミックで被害を受けた人たちを支援するために寄付されるという。

TAGS