争奪戦必至 フー・ファイターズの曲を日本酒に聴かせてみた

10枚目となるニューアルバム『Medicine at Midnight(メディスン・アット・ミッドナイト)』のリリースを2月に控えるフー・ファイターズ。

Foo Fighters/YouTube

結成25周年を迎えた彼らが、楯の川酒造とタッグを組み、オリジナル日本酒「半宵(はんしょう)」の発売を発表した。大の日本酒好きとして知られるデイヴ・グロールを筆頭に彼らの好みを反映した2種類の純米大吟醸酒がニューアルバムの発売日と同じく2月5日にリリースされる。

バンドは、自身のYouTube上にオリジナル日本酒のティーザー映像を公開。11月に公開したニューアルバムからの第一弾シングル「Shame Shame(シェイム・シェイム)」にのせて、楯の川酒造での製造工程をスタイリッシュな映像で披露している。今回のオリジナル日本酒は、醸造工程で酒自体にフー・ファイターズの名曲や、ニューアルバム『Medicine at Midnight』からの楽曲を聴かせるなどユニークな方法で醸造されている。公開されたティーザー映像でも設置されたスピーカーから「Shame Shame」が流れている様子を確認することができる。

Foo Fighters/YouTube

アルバムタイトル『Medicine at Midnight』からインスパイアされ、日本における“ミッドナイト”を意味する「半宵(はんしょう)」と銘打たれたオリジナル日本酒は、今回バンドの意向を受けて「碧(あお)」「銀」と区別される2種類が醸造された。
「碧」は、華やかな香りと軽快な甘みが感じられる味わいが感じられる、バンドの飾らないポップな一面にフォーカスした優しい口当たりの一本。対する「銀」は重厚感があり後味のキレのいい味わいで、彼らのロックな一面に光をあてて醸造された凛とした佇まいを感じさせる一本となっている。

日本酒は、楯の川酒造の特約店ならびに、公式オンラインショップ、さらにタワーレコードの一部店舗にて販売を予定。詳しい情報は酒造のHPから追って発表される。それぞれ限定本数での販売となるので、争奪戦必至の一本となることは間違いない。

TAGS