フルボッコが見たい? お騒がせ炎上系YouTuberは意外に本気だった

6月6日(現地時間)に米マイアミで開催予定のフロイド・メイウェザー対ローガン・ポールの一戦。世界5階級制覇を果たしたボクシング史上最強選手と、世界的人気を誇る炎上系YouTuberという異色すぎるカードに、ボクシングファン、格闘技ファン、SNS界やセレブファンが注目している。

引退したレジェンドがリングに帰ってくることはボクシング・ファンにとっては嬉しい機会だが、一介のYouTuberがレジェンド相手にどんなファイトを繰り広げるのか、話題性満載の一戦だ。

アメリカでは圧倒的知名度を誇る二人。試合に先だってスポーツチャンネル『SHOWTIME Sports』が両者を追ったドキュメンタリー映像を公開しており、改めてそれぞれの人となりがわかる内容で興味深い。例の“キャップ乱闘事件”の映像も収録。

YouTube

さて、日本ではボクシングファンでなくとも、メイウェザーは最早説明不要な存在だが、ローガン・ポールとなるとあまり馴染みがないかもしれない。彼がそもそも何者かというと、現在26歳、過激な動画で世界的人気となったYouTuberで、一応プロボクサーのライセンスも取得。学生時代にアメフト選手だったこともあり体格的には恵まれている。年収10億ドルとも言われており、少なくともアメリカのSNS界隈では最も有名なセレブの一人だ。

しかし2017年に青木ヶ原樹海で死体を写して大喜びしてみせたり、日本で派手に問題行動を続ける様子を収めた動画が公開されるや、世界中から非難が殺到する大炎上を起こした過去がある。ドキュメンタリー内でも、会見のフェイスオフでメイウェザーが「お前が日本にやった悪事を知ってるぞ。今回のファイトでお前は償うことになる」と発言するシーンが。

大学を中退してまで取り組んできた動画制作だったが、実際は世界的な批判にさらされたことによって「許されないことをした」と「猛省」し「自分を見失った」らしい。フェイスオフでは「オレが日本にやったことを知ってるだって? オレはお前がお前の女房にやってることも知ってるぜ」などと減らず口を叩いていたが、当時は相当に凹みまくり、この挫折をきっかけにボクシングに本気で打ち込むようになったという経緯があるようだ。

映像では真剣にトレーニングに取り組むローガンの姿が映し出される。トレーナーも「ローガンは本気だし、私が送り出すファイターは本物のファイトをする」と太鼓判を押す。実際にサンドバッグ相手に必死で連打する姿はただのインフルエンサーとは思えない気迫だ。「ボクシングに取り組むことでやっと自分をまた好きになれた」とまで語るローガン。世間の誰もが“マネーと話題のため””一方的な試合になる”とタカをくくっている中、ローガンの声色は真剣だ。

「みんなは、オレが不可能を可能にする姿が見たいのかもしれない。あるいはただぶちのめされる姿が見たいだけかも。いずれにせよスペクタクルとエンターテイメントを求めてるんだろう。でもオレとメイウェザーなら、それを提供できるよ」

メイウェザーが圧倒的強さを見せるか、ローガンが奇跡を起こすのか、それとも。何が起こっても話題になること必至な一戦となることは間違いない。日本では6月7日(月)午前10時よりWOWOWライブで生中継されることが決定している。

TAGS