敬意を欠くなら殺す! ボクシング界を背負うメイウェザー、炎上系YouTuberを叩き潰す

6月6日(現地時間)に米マイアミで開催予定のフロイド・メイウェザー対ローガン・ポールの一戦。世界5階級制覇を果たしたボクシング史上最強選手と、世界的人気を誇る炎上系YouTuberという異色すぎるカードに、ボクシングファン、格闘技ファン、SNS界やセレブファンが注目している。

本国では圧倒的知名度を誇る二人だが、どんな戦いを繰り広げるのか予測不能な一戦。この試合に先だってスポーツチャンネル『SHOWTIME Sports』が両者を追ったドキュメンタリー映像を公開しており、改めてそれぞれの人となりがわかる内容で興味深い。

YouTube

「オレのニックネーム“マネー”は伊達じゃない。何年も努力と苦労を重ねて今の地位を築いたんだ」と語るメイウェザーは現在44歳。輝かしい戦績を誇り、大金を転がし、ストリップ・クラブ“ガール・コレクション”を経営し、子どもの頃からの夢だったというローラースケート・リンクのオーナーでもある。しかも先日初孫が生まれ、今やおじいちゃん(!)に。公私ともに充実しているスポーツ界屈指の成功者だ。
だが会見時にはフェイスオフでの舌戦でローガン・ポールに家族を侮辱され、ローガンの弟ジェイクにはキャップ帽を奪われてしまい激怒の果てに大乱闘へと発展した。「オレを舐めるんじゃない! 敬意を欠くならば殺すぞ!」と珍しく感情的な姿を見せている。仮にパフォーマンスだとしても、かなりのリアルさと迫力だった。

今回の対戦はフェイスオフでも、ドキュメンタリー動画でも“向こう見ずなYouTubervsボクシング界の威信”という図式なのだ。相手はもともと素人、プロの試合も2度経験しているが。実は対戦相手も元YouTuberであり、その戦績はアマチュア同然。SNSで荒稼ぎして、不祥事を起こした(2017年に日本で撮影した動画が問題になった)にわかボクサーが調子に乗って、絶対王者に挑戦というのが世間の見方だ。あのマイク・タイソンですらきっぱりと「試合にもならないだろう」と語っている。 

YouTube

しかしローガンとの年齢差は18歳、身長差15cm、体重もローガンのほうが約20kg重い。YouTuberとはいえ、ボクシングのプロライセンス所持者であり、この試合に向けて日々トレーニングを続けているローガンのほうが身体的には有利なのだ。しかもメイウェザーにはかなりのプレッシャーがかかる。なにせボクシング界の威信にかけて、圧倒的な強さを見せつけたうえで勝利しなければならないからだ。

YouTube

エキシビジョンとはいえ実は両者にとってなかなかハードルの高いこの一戦。勝敗はもちろんのこと、どのような内容になっても話題になることは必至。日本では6月7日(月)午前10時よりWOWOWライブで生中継されることが決定している。

TAGS