素顔を見せてはならない 銀河系“子連れ狼”『マンダロリアン』について知っておきたいこと

待望のシーズン2が「Disney+(ディズニープラス)」で配信開始された『スター・ウォーズ』初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から5年後を舞台に、孤高の賞金稼ぎ・マンダロリアンとフォースの力を秘めた孤児である“ベビーヨーダ”ことザ・チャイルドの冒険が描かれる。シーズン1で明らかになったマンダロリアンとベビーヨーダについての基礎知識や、彼らの出会いについておさらいしてみよう。

物語の主人公は、惑星マンダロアに由来する戦士集団“マンダロリアン”に所属するマンドー。高度な戦闘能力を持ち、厳格な教義の下に結束するマンダロリアンは、名前を捨て、掟に従い、その素顔を決して他人に見せることはない。
マンダロリアンはベスカーという金属で作られた伝統的な装甲服<マンダロリアン・アーマー>を装着している。T字型のバイザーが付いたヘルメットが印象的だが、マンダロリアンの掟により決して人前で脱ぐことはない。マンドーは宇宙船<レイザー・クレスト>に乗り込み、目的地を目指す。

かつてクローン大戦で両親を失い、マンダロリアンに拾われた孤児だったマンドーは、一匹狼の賞金稼ぎとして生きていた。賞金稼ぎたちに仕事を斡旋するギルドから新しい依頼を引き受けるときには、ターゲットの名前や賞金などの情報が内蔵されたホログラム装置<賞金パック>(通称パック)を受け取る。また、ターゲットを追跡するための情報端末<トラッキング・フォブ>なども使う。

ギルドのリーダーであるグリーフ・カルガから高額賞金の依頼を持ち掛けられたマンドー。彼は依頼のターゲットだったザ・チャイルドに不思議な縁を感じ、初めてギルドの掟を破って助ける。ヨーダの同族の子どもだと思われる“ベビーヨーダ”ことザ・チャイルドは、まだフォースを使いこなせず、ジェダイたちが暮らす惑星が故郷とされている。マンドーは自分と同じく独りぼっちのザ・チャイルドが一族のジェダイのもとに帰れるまで守り抜くことを使命とし、敵と戦いながら銀河を放浪する。彼らの絆は、帝国の残党が暗躍する混沌とした時代の希望となるのか。

シーズン2に大きな注目が集まるドラマシリーズ『マンダロリアン』は、Disney+で独占配信中。

ディズニー公式/YouTube

TAGS