1人で犯罪組織を壊滅させる クリス・ヘムズワース版ランボー Netflix『タイラー・レイク -命の奪還-』

「アベンジャーズ」シリーズのソー役でおなじみのクリス・ヘムズワースが主演を務めるNetflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』が、4月24日(金)より全世界独占配信される。

監督は、過去にキャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスのスタントマンを務めたこともあり、『アベンジャーズ:エンドゲーム』(2019)などではスタント・コーディネーターを担当、本作が初監督作品となるアクション映画のスペシャリスト、サム・ハーグレイヴ。プロデューサーは「アベンジャーズ」シリーズの人気をけん引してきたアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソが務める。

主人公タイラー・レイク(クリス・ヘムズワース)は数々の危険な戦闘を渡り歩いてきた大胆不敵で屈強な傭兵。裏社会の危険な任務を生業にしているタイラーは、ムンバイから誘拐された犯罪組織のボスの息子を、巨悪なギャングが支配するダッカの市街地から救出するという不可能に近いミッションを請け負うことに。

裏社会の武器商人や麻薬密売組織らが牛耳るアジトに単身突入し、少年を奪還、脱出を開始するタイラーだが、街中のギャングたちすべてが敵となり、凄まじい猛追を受けることに。もはや任務遂行は不可能とも思われる絶体絶命の状況から、肉弾戦、接近戦の卓越した戦闘スキルをフルに使って戦うタイラー。果たして無事少年を救い出し脱出することができるのか?

自身もスタントマンとして、アクション映画の現場を知り尽くすハーグレイヴ監督による撮影手法と映像は、どう撮影しているのか全くわからないほどの見たことがないアクションシーンの連続で、まるでFPSシューティングゲームを現実の世界の中でリアルタイムで行っているかのような没入感があり、新たに“バーチャル・サバゲー・ムービー”とも呼べるような、目が離せず、手汗かきまくりのノンストップ・サバイバルアクションに仕上がっている。

共演には、人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」でホーキンス警察署署長ジム・ホッパーを演じたデヴィッド・ハーバー。デヴィッドも今年公開予定のマーベル最新作『ブラック・ウィドウ』出演など大ブレイク中。さらに、『ワールド・オブ・ライズ』(2008)でヒロインとして、レオナルド・ディカプリオと共演、『エクソダス:神と王』(2015)や『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)などにも出演する人気女優ゴルシフテ・ファラハニも名を連ねている。

TAGS