ミリー・ボビー・ブラウン、「ストレンジャー・シングス」のイレブンから“世界一有名な名探偵”ホームズの妹に

Netflixの大人気シリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で大ブレイクしたミリー・ボビー・ブラウンが主演・製作を務めるNetflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』が、9月に全世界独占配信される。

作家ナンシー・スプリンガーの人気小説シリーズが原作となった本作でミリー・ボビー・ブラウンは、“世界一有名な名探偵”ことシャーロック・ホームズの妹 エノーラ・ホームズを演じる。

舞台は1884年のイギリス。
16歳の誕生日を迎える朝、エノーラ・ホームズ(ミリー・ボビー・ブラウン)が目を覚ますと、母親(ヘレナ・ボナム=カーター)が突如行方不明になっていて残されたのは謎めいた暗号だけ…。エノーラはやむなく、兄のシャーロック(ヘンリー・カヴィル)とマイクロフト(サム・クラフリン)に面倒をみられる事になるが、兄たちから一流の婦人に育てるための花嫁学校へ行かされそうになる。しかし自由奔放なエノーラは兄たちに従わず、母親を探すために1人ロンドンへ。旅の途中、思いがけず若き貴族(ルイス・パートリッジ)の失踪事件に関わったことをきっかけに、世界の歴史を覆しかねないほどの恐ろしい陰謀と巨大な謎へと巻き込まれていく。
エノーラは兄譲りの天才的推理力を発揮し、名探偵の仲間入りを果たすことはできるのか?そして消えた母親の行方は…?

主演を務めるのは、世界的メガヒットを記録し社会現象とも言えるムーブメントを巻き起こしている『ストレンジャー・シングス 未知の世界』イレブン役のミリー・ボビー・ブラウン。シーズン1の配信開始当時12歳だったミリーは、若くして既に卓越した演技力を発揮し、一躍大ブレイクを果たした。
映画出演は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)以来2作目となる彼女だが、本作でミリーは『パシフィック・リム』シリーズや『名探偵ピカチュウ』(2019)を手がけたメアリー・ペアレントや、実姉であるペイジ・ブラウンらと共にプロデューサーも務めており、現在16歳の彼女が新たな才能を発揮する。

エノーラの兄であるシャーロック・ホームズを演じるのは、『マン・オブ・スティール』(2013)や『ジャスティス・リーグ』(2017)のスーパーマンで知られ、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)ではトム・クルーズとも共演した人気俳優ヘンリー・カヴィル。数多くの俳優が演じてきた天才名探偵を、新たに筋骨隆々かつクールに演じる姿は必見だ。
さらに、エノーラの母親役には、ティム・バートン監督作品や『ハリー・ポッター』シリーズのベラトリクス・レストレンジ役でも知られ、『英国王のスピーチ』(2011)ではアカデミー賞助演女優賞ノミネート歴を誇る名女優ヘレナ・ボナム=カーターが出演。その他、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)の宣教師フィリップ役などで知られるサム・クラフリンや、若手イケメン俳優ルイス・パートリッジら豪華共演が実現した。

“新世代女優”ミリー・ボビー・ブラウンが超実力派俳優陣と贈る、新たな若き名探偵エノーラの謎解きと冒険の世界。『エノーラ・ホームズの事件簿』は、9月に全世界独占配信。

TAGS