エミネム、新作アルバムで前人未踏の新記録達成

不動のラップ・ゴッド、エミネムが1月17日にリリースした最新アルバム『Music To Be Murdered By』が2月1日付の全米アルバム・チャート(Billboard 200)で初登場1位となることが確定し、10作連続で初登場1位という前人未踏の新記録を達成したことが分かった。

2018年8月に同じくサプライズ・リリースとして発表した『Kamikaze』以来、1年半ぶり通算11作目の本作『Music To Be Murdered By』は、20世紀を代表する映画監督アルフレッド・ヒッチコックが作曲家ジェフ・アレクサンダーと共に1958年に発売した同タイトルのアルバム『Music to be Murdered By』にインスパイアされた作品で、2019年12月に21歳の若さでこの世を去ったジュース・ワールドと共演したシングル「Godzilla」も大ヒットしている注目作。

EminemMusic/YouTube

発売が待たれていた日本盤アルバムCDは3月4日に発売が決定した。なお、世界的にフィジカル・アルバムとデジタル・アルバムのジャケット写真は微妙に違っているのも話題だ。

『Music To Be Murdered By』リリース初週の全米セールスは、279,000ユニットを記録。そのうちフィジカル(CD&LP)は117,000ユニット、ダウンロードが8,000ユニット、ストリーミング換算が154,000という内訳だ。154,000ユニットという数字はストリーミング回数に換算すると約2億1千700万回となるが、この数字は2019年9月にリリースされ、2019年の初週ストリーミング回数最高記録を保持しているポスト・マローン『Hollywood’s Bleeding』の約2億2千万回に匹敵する高い数字となっている。

また今回の全米No.1獲得によって、エミネムは10作連続全米アルバム・チャート初登場1位という記録を達成した。カニエ・ウェストが昨年12月にリリースした最新作『JESUS IS KING』で9作連続全米初登場1位を記録し、エミネムと並んでいたが、今回エミネムが初登場1位となったことで単独で記録を塗り替える快挙を達成。
10作以上の全米No.1というのも、ザ・ビートルズ(19作)、ジェイ・Z(14作)、ブルース・スプリングスティーン(11作)、バーブラ・ストライザント(11作)に次いで、エルヴィス・プレスリー(10作)と並び、史上6人しか達成していない大記録。

今やベテランの域に達したエミネムであるが、“孤高のラップ・ゴッド”としてどこまで記録を伸ばすのか注目が集まる。

EminemMusic/YouTube

TAGS