ギャングスタ・ラッパー D.O激白 「これが俺のヒップホップ。誰にも文句言われる筋合いはない」

言わずと知れた“レペゼン練馬”のギャングスタ・ラッパー、D.O(以下:D)。自著『悪党の詩』(彩図社)をリリースし大ヒットを記録中。ミックスCDや客演なども精力的にこなし話題をさらっている。大麻取締法違反で逮捕され収監直前のD.Oに地元の盟友・JASHWON(BCDMG)(以下:J)がロングインタビュー。リアルなヒップホップを体現するD.Oは何を思っているのか?

Photo_Great The Kabukicho
Text_MITSUGU SHIMAMURA

客演も色々やらせてもらってて、見舞金みたいな感じ(笑)

J:漢ちゃんとの作品なんかを作ったりしてたんでしょ?

D:色々作ろうと思ってたんだけど、ダブルネームで「D.O&漢」みたいなアルバムを作ってる。もちろんD.Oとしてのムーブも色々固めていく中で、まずは今9sariと連動しながらサヴァイブしている現状をメイクしてるかな。

J:音源も引き続き出るから待ってろって所だよね?

D:続々と出るよね。

Shinjyuku Tokyo/YouTube

J:フィーチャリングとかもやってるでしょ?

D:やれるうちに客演の仕事も色々やらせてもらってて、むしろ今の俺の現状で見舞金みたいな感じで(笑)親身になって考えてくれているアーティストはもちろん、その周りの人達の力を借りてそういうパワーを貰えた結果みたいな感じなんだけどね。

ゆるふわギャングとの曲とかもあるし9sariのT2KだったりDOGMAだったりGattemの作品に入れてもらったり。DJ TATSUKIがBIG-Tの追悼の曲をやるから「ちょっと付き合って欲しい」と言ってくれて作った曲もあるし、あとは孫GONG、阿修羅MIC、Venomかな。声掛けてくれてた所が沢山あるから。

Red Eye/YouTube

Shinjyuku Tokyo/YouTube

DJ TATSUKI OFFICIAL/YouTube

J:その辺もこなしつつって感じだね。

J:「悪党の詩」が出て話題だよね。

D:生い立ちから今まで。揺籠から牢屋までって言うね(笑)全部詰め込んで。

J:一冊でD.Oが分かるぐらい。完全ノンフィクションの自伝みたいな。

D:そうだね。俺は悪党を売りに出している訳じゃ無いし、上には上が沢山いるし。言ってみればもう小悪党みたいな(笑)あくまでもミュージシャンでしょ?俺は。

J:その中で… って所だよね。まずは。

D:そう。それをアーティスティックにやれたら良いなと思った。ちょっと面白おかしくしたいなって言う気持ちが強く出ているのかな。

J:その本はそもそも何で作ろうとしたの?

D:昔からやりたかったし、話もちょいちょい貰ってたけど実現に辿り着くまで、なかなかタイミングがなくて。漢の本「ヒップホップ・ドリーム」が出たのがきっかけで「D.Oもやってみようよ」みたいな所から、彩図社の草下シンヤ君が誘ってくれた。

J:草下さんとはインタビューとかでもリンクしてるよね?

D:草下シンヤ君とはもともと映画「Ho-欲望の爪痕-」を作っていた時の流れで紹介してもらって。同じ年なのもあって意気投合して。

俺がファンだったのもあるよ。草下シンヤ君の著作の本を全部読んでいるんじゃないかな?凄く面白くてね。俺が言う所の悪党の企画っていうか、その世界と近くて。本気の作家が書いた場合はこう言った感じになるね。

ストリートの事情を知っている人間がこうやって出版みたいな形にすると、「このぐらい面白くなるよ?」みたいのは速攻で俺は分かってたつもりだったから。一番最高のパートナーでしょ?ってことで、彼がやっている彩図社で2017年頃から足掛け3年ずっとインタビューしてもらった。

この人生だって誰にも文句言われる筋合いはねぇよ

J:今までは音楽としてトラックとかビートとかリリックとかフロウとかそう言ったもので表現したでしょ?今回は自伝で読んでくれている方達に何を伝えたかったの?

D:新しいカタチのラッパーとしての表現の方法は、こうだよって言うのを提示出来ればってのも思ってたから。最初から最後まで一つのアルバム的な感じ。俺のヒップホップを文字で表現したらこういう感じ、って言うのを凄く出したかった。自分の音楽と連動していて、リリックや曲を聴いてもらうと、話の内容が解る。自分のヒップホップをしかるべきカタチにする場合は、こうだ!って感じで作った。

ガキの頃からの流れとかヒップホップとの出会いから最小限にちゃんと文字にした自分の事だったりとかストリートの流れとか… D.Oのガイドブック的なカタチになったのかな。5枚アルバムを出させてもらってるけど、6枚目のアルバムがこの本「悪党の詩」みたいな感じになってるかな。

D:ずっと言ってきた事だけど「ヒップホップは一つの生き方」みたいな感じかな。

J:俺も全く一緒だね。俺はずっと一緒に作ってきていてD.Oのリリックは一つ一つの言葉が重い、ライフスタイルそのまま。ヒップホップってそういった音楽じゃん?何か思ったりする事ってあるかな?

D:ヒップホップは自由であるべきだと思うし、だから、その人それぞれのヒップホップがあって正解も間違いも無くて。これじゃないといけないとか、こうしちゃダメとか、そう言った決まりが無いのがヒップホップの魅力だと思う。我々がやってきているというか、今語ってるヒップホップは責任が凄くつきまとってくるし、自分を追い込んでるわけでしょ。

上手にやってんなコイツら、ってヒップホップも沢山あるけど、俺らはちょっと違ぇからな。みたいな(笑)

J:ストリートライフ、ハスリング、ギャングスタとか色々な言葉はあると思うんだけどD.Oはパイオニアだと思うんだよね。俺はそのリアルさを近くで見てるから(笑)

D:アメリカでは2Pacが撃たれたとかビギーが死んだとか、俺らが本当に衝撃を受けたヒップホップ全盛期の時に色々な事が起きたじゃん。あれ以来凄く変わっていった。

あの時の本とか思い出して読んだりしたんだけど、やっぱり本場のヒップホップの生まれた土地から発信されているリアルヒップホップの話とかを見れば見るほど、日本もそうなってきてる。80年代〜90年代のアメリカのシーンとヒップホップの転がり方が幾つかテンポが遅れて日本に来てるだけで、よりリアルなサイズ感というか。

J:根付いて来てるよね。

D:うん。俺らが言う本当のヒップホップって、今の時代だとナンセンスなのかも知れない。リアルなヒップホップは正直ゴツすぎてメディアに載せられなくて、それで色々なビジネスのしがらみが邪魔になったりとか扱いきれなくなっっちゃてるのも現状で。

世界のヒップホップがそうであると思うし、どこのコミュニティでもストリートでも同じで、リアルがある分、そのリアルを使ったビジネスがやっぱりある。そのビジネスが転がる事によって勘違いしたヒップホップが生まれて、そのヒップホップが良いか悪いかなんて誰も定義できなきゃジャッジ出来ないのも当たり前。だって自由なんだもん。そういう中でどう戦って行くのか?みたいなゲームが日本にも転がり込んで来ている。

今の現状、どんなカタチにしても、そのメイクマネーがゴールとして設定されているのであればそのメイクマネーを達成している奴がやっぱその成功者だと思う。

かといって、俺らみたいな生き様をヒップホップで語っている人間からしてみたらそれは何の関係も無い。これが俺のヒップホップだよと。別に誰がどうこう言う事じゃねぇだろ?テメェの人生誰か文句言ってるかと。

この人生だって誰にも文句言われる筋合いはねぇよ、っていうのはあるよね(笑)

J:聴いてて刺さるヒップホップだよ。

D:その筋を通してきたし、通して行きたいし、そこを失わない様にしたいっていうのは凄くあるよね。

TAGS