DJ RYOWはホント悪いヤツだ 豪華12thアルバムからAI、AK-69&般若のリード曲MV公開

AIやdodo、LEX、AK-69、¥ELLOW BUCKS、般若ら総勢20組が参加するDJ RYOW通算12作目となるオリジナル・アルバム『Still Dreamin’』が3月24日(水)にリリースされた。

Still Dreamin’
1. INTRO
2. Hajimari feat. Hideyoshi
3. URUSAI feat. Kazuo
4. Break it down feat. ジャパニーズマゲニーズ &19Fresh
5. One time 4 your MIND feat. MuKuRo
6. Asian Groove feat. OZworld
7. Money Dance feat. ¥ELLOW BUCKS
8. W.T.M.F.N? feat. ¥ELLOW BUCKS, SOCKS
(M.O.S.A.D. – Whats Mother Fuckin& Name サンプリング)
9. TOKONA 2020 GT feat. TOKONA-X
(ILLMARIACHI – TOKONA 2000 GT サンプリング)
10. Not yet feat. SOCKS, PERSIA
11. Killin’ Me feat. KIRA, DABO & Tina
(Tina – I&ll be there サンプリング)
12. FEVER feat. E.R.I, VILLSHANA
13. kill shit men feat. dodo
14. ARIGATO feat. LEX
15. NEVER CHANGE feat. AI, AK-69&般若

リリース直後から各SNSでの関連投稿が盛り上がり、瞬く間にiTunesとApple Musicのヒップホップ/ラップアルバムチャート1位を獲得。その勢いは収まることなく、Apple Musicの総合アルバムチャートでもTOP5入りを果たした。
客演アーティストが必要不可欠なDJ名義のアルバムにおいて、大規模なパンデミック下での制作は困難を極めたが、それでも世代を超えたアーティストを幅広く客演に迎えバランスの取れた15曲を完成させたことは彼のプロデュース力の高さを証明している。

また、AIとAK-69そして般若が参加するリード曲「NEVER CHANGE」のミュージック・ビデオが、DREAM TEAM MUSIC YouTubeチャンネルで公開された。

MVは、コンクリート打ちっ放しの無機質な空間に4席のイスと1,500本用意された色鮮やかな花々が飾られたシンプルな演出だが、AI、AK-69、般若が各パートでインサートされた喜怒哀楽の表情や、それぞれから滲み出る圧倒的な存在感で、楽曲に込められたメッセージがひしひしと伝わってくる映像に仕上がっている。

TAGS