「Dior」がパリ・サンジェルマンのオフィシャルワードローブを製作

「Dior(ディオール)」のメンズ アーティスティック ディレクターであるキム・ジョーンズが、サッカークラブ「パリ・サン=ジェルマン(PSG)」のオフィシャルワードローブを製作。Diorがスポーツクラブとパートナーシップを結ぶのは初となる。

今回、2シーズンに向けてデザインされたウェアは、カジュアルとフォーマルの両方の雰囲気を兼ね備えたエレガントな仕上がりに。カジュアルルックは、PSGのロゴパッチとDiorの“CD”ロゴが刺繍されたハリントンジャケット、ニットセーター、ポロシャツで構成され、足元はアイコニックな“ディオール オブリーク”モチーフがアクセントのブラックレザーのダービーシューズ。

フォーマルルックは、カシミアコート、ジャケット、シャツ、パンツにブラックレザーのキャップトゥが特徴のダービーシューズを組み合わせ、さらにはメゾンを代表するアイコンでもあるブラックグレインドカーフスキンのサドルバッグや、PSGのロゴをあしらったジャカードのネクタイ、カシミアスカーフ、リバーシブルベルトを用意。シューズのインソールには、シルバーのエンボス加工で選手の背番号があしらわれているという。

なお、これらのアイテムには、Diorの卓越したサヴォワールフェールを反映する細かなディテールが落とし込まれている。

ルックには、PSGのジャンルイジ・ドンナルンマ、ネイマール、マルコ・ヴェッラッティ、アブドゥ・ディアロ、レアンドロ・パレデス、セルヒオ・ラモスらが登場。彼らがウェアを着こなす姿も動画で公開中。

@Dior

TAGS