“世界一ついてない男”が復活? 『ダイ・ハード』ジョン・マクレーン刑事がCMで大暴れ

ブルース・ウィリスが自身の出世作『ダイ・ハード』シリーズのニューヨーク市警ジョン・マクレーン刑事に扮したCMが話題を呼んでいる。

YouTube

『ダイ・ハード』シリーズは、アメリカでは1989年に1作目『ダイ・ハード』が公開され大ヒット。その後も続々と続編が作られ、現在までに全5作が公開されている。そんなブルースの当たり役ジョン・マクレーン刑事が、この度「DieHard」という名前のカーバッテリーのCMでカムバックを果たした。

2分弱のこのCMで、ウィリス扮するマクレーン刑事は新しいカーバッテリーを買いにカー用品店に向かうのだが、その途中で『ダイ・ハード』にも登場していた悪党グループの1人、テオらに囲まれる展開に。窓ガラスを打ち破ってカー用品店になんとか入ると、カーバッテリー「DieHard」を購入。その後は、表に待ち受ける悪党をかわすため天井裏のダクトから脱出するも、直後に車にはねられてします。だが、その車を運転していたのは、『ダイ・ハード』でマクレーン刑事といいバディぶりを見せたリムジン運転手のアーガイルだったり、普通のCMにしてはもったいなさすぎる、てんこ盛りかつ壮大な仕上がりになっている。

この動画は10月18日にリリースされたが、それに先駆けブルースの娘ルーマー・ウィリスがTwitterに15秒のトレーラーを公開。その際「#DieHardisBack(ダイ・ハードが戻ってくる)」というハッシュタグをつけたため、「映画シリーズの新作情報か!?」との憶測をうっかり呼んでしまうなど、ちょっとした騒ぎも巻き起こったようだ。

TAGS