ジョーダンもドン引き 練習サボってプロレスラーになった“問題児”ロッドマン

1997-98シーズンのNBAプレイオフ決勝戦。2度目の3連覇を狙うマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズの相手は、史上最強デュオの呼び声も高いカール・マローン&ジョン・ストックトンのユタ・ジャズ。NBA屈指の好カードの裏側で、実はとんでもない事件が起こっていた。

その前年、ハルク・ホーガン率いる当時人気絶頂のプロレスユニット「nWo」に加入していた“問題児”デニス・ロッドマンが、プロレスのプロモーションのために、第3戦終了後のシュート練習と記者会見をすっぽかしてしまったのだ。チームメイトやメディアを騒がす異常事態に発展し、ロッドマンはまたもや注目の的になった。

ところが直後の第4戦。戻ってきたロッドマンは14リバウンドを奪い、苦手なはずのフリースローを6本も決める大活躍でブルズの勝利に貢献。ジョーダンも試合後に「あるときはプロレスラー、あるときはディフェンダーになっちまうアイツは完全に理解不能だ。だけどアイツはビッグゲームになるとバスケットをプレイする準備が常にできてる」と称賛のコメントを残した。

ちなみに、バスケで熱い戦いを繰り広げたロッドマンとマローンだが、その約1か月後に実際にプロレスのリングで戦っている。実はプロレス挑戦を目論むマローンは日夜特訓に明け暮れていたのだ。ホーガンとタッグを組んでマローンと肌を合わせたロッドマン。自身のキャラクター通りヒールとして挑発や反則で観客を盛り上げたが、まるで現代のヘラクレスのようにすさまじい体に鍛え上げたマローンにはかなわず、必殺のダイヤモンド・カッターでノックアウトされてしまった。

YouTube

TAGS