「リバウンド楽勝」「ゴール下は敵なし」 デニス・ロッドマンが現役選手を挑発

「セックスと一緒さ。女性を満足させるのは大変だろ? リバウンドも最初はそうだったよ。ハードワークなしじゃ不可能。それに比べて得点なんて簡単だよ」

Pardon My Take/YouTube

80年代後半から90年代にかけ、“バッドボーイズ”時代のデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズで活躍。そしてマイケル・ジョーダンが率いるシカゴ・ブルズでスコッティ・ピッペンとともに3連覇に貢献したデニス・ロッドマン。7年連続リバウンド王に輝くNBA史上に残るディフェンダーの1人だが、派手なルックスと奔放な私生活で“異端児”としても有名だ。

「リバウンドにもゾーンはあるのですか?」という質問に対しては、「あたりめーだろ。何度もゾーンに入ったよ。オレは決してコートで一番背が高かったワケじゃねえ。例えるなら、ピッペンがウイングマンでジョーダンがD-マン、オレがロッドマン」とまくし立てる。“何を言ってんだこの人?”という顔でインタビュアー2人がぽかーんとする中、笑っているのはロッドマン1人だ。

暴走し始めたロッドマンは止まらない。「いまオレが現役でプレイしてたらリバウンドなんて楽勝だよ。自陣のゴール下から敵陣までドリブルで上がって3Pシュートを打つような時代じゃねーか。ゴール下で争う事がないから、飛んでボールを拾うだけ」と、全方位にケンカを売り始めたので、インタビュアーが慌てて話題を変える。

ブルズ時代のジョーダン、ピッペンとの関係を問われると、「ジョーダンが引退から復帰しただろう。ブルズはパズルのピースが1つだけ足りなかったんだ。それがオレだよ」と、自信満々の発言。「当時オレはスパーズでプレイしてたけど、ブルズがトレードを持ちかけたんだよ。ウィル・パデューとオレ。宇宙一のリバウンダーがよりによってウィル・パデューだと? クソが!」と、いまでも納得していない様子だ。さすがにこれにはインタビュアーも笑うしかなかった。

そしてブルズと契約した際に、フィル・ジャクソン監督に連れられてピッペンに直接謝罪したエピソードを披露。1991年にピッペンをスタンドにプッシュした悪行を謝るように監督に言われたそうだ。

YouTube

同じ年にピッペンに回し蹴りをお見舞いしたこともある。

YouTube

「本当に!? それで、謝ったのですか?」インタビュアーが驚きの表情で聞くと、「謝ったさ」と答えるロッドマン。「思っていたよりオレに対する敵意みたいなものを感じたんだ。チームがこの先一つになってチャンピオンシップを掴むには、オレが謝らなければいけなかったのさ」と振り返った。ロッドマンのインタビューはいつだって観ていてハラハラするけれど、いつも最高の話題を提供してくれる。

TAGS