100回以上の逮捕歴 デニス・ロッドマンの悪童伝説

80年代後半から90年代にかけ、“バッドボーイズ”時代のデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズ、そしてマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズで活躍したデニス・ロッドマン。7年連続でリバウンド王に輝くなど、NBA最高のディフェンダーとして脚光を浴びた一方で、派手なルックスと奔放な私生活でも世間を騒がせた“悪童”としても有名。

View this post on Instagram

NO. Stylist.!🤘🤘

A post shared by DENNIS RODMAN (@dennisrodman) on

そんなロッドマンが、コメディアン、ケヴィン・ハートの番組『Cold as Balls』にゲスト出演。氷風呂に浸かってトークするというシュールな展開ながらも、NBA入団までの経緯やジョーダンとの関係、マドンナをはじめとする世間を賑わせた恋愛・結婚などの私生活、タトゥー、そして北朝鮮訪問についてなど赤裸々に語った。

LOL Network/YouTube

なかでもホストのケヴィンを驚かせたのが、ロッドマンの逮捕歴。これまでに何度、刑務所の世話になったのか質問すると、ロッドマンは即答できずに、天を仰いでその回数を数えはじめる。ケヴィンが大体でいいから教えてほしいと言うと、「100回は超えている」と答えケヴィンを絶句させる。

100回も逮捕されるとは、どういうことなのだろうか……?
ロッドマンと言えば、暴行、スピード違反、飲酒運転など、本当に悪い話題に事欠かなかった。また本人いわく、高校時代からすでに万引きなどの軽犯罪を犯しては刑務所の出入りを繰り返していたという。さらには「かつて7年間、週7日、毎日毎晩自宅でパーティを開いていた」と告白し、またまたケヴィンを驚かせた。とにかく自由奔放で派手に生きてきた結果、警察のお世話になる回数も多くなったということだろう。

そしてケヴィンはロッドマンにまつわる“噂”についても直球質問。その噂とは「ロッドマンは男の急所を折ったことがある」というものなのだが、ロッドマンは「あるさ。3回もね」と即答。そして病院では、「医学的にはペニスの打撲」だと言われたと笑いながら話した。

現役時代、そして引退後も“問題児”なロッドマン。しかしピストンズの“バッドボーイズ”時代を経て、ジョーダンやピッペンとともにブルズの為に全力で戦う姿が、いまだにファンの記憶に強く焼き付いている。だからこそ、何をやっても許される「問題児にして愛されキャラ」としていまだに支持されているのだろう。ロッドマンは、やはり唯一無二の存在だ。

View this post on Instagram

Air Rodman

A post shared by DENNIS RODMAN (@dennisrodman) on

TAGS