北朝鮮訪問、タトゥー… “問題児”デニス・ロッドマンが語る

80年代後半から90年代にかけ、“バッドボーイズ”時代のデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズ、そしてマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズで活躍したデニス・ロッドマン。7年連続でリバウンド王に輝くなど、NBA最高のディフェンダーとして脚光を浴びた一方で、派手なルックスと奔放な私生活でも世間を騒がせた“悪童”としても有名だ。

一線を退いた現在でも、コメンテイターとして毒舌を吐きまくるキャラが人気のロッドマンが、コメディアンのケヴィン・ハートの番組『Cold as Balls』にゲスト出演。氷風呂に浸かってトークするというシュールな展開ながらも、NBA入団までの経緯やジョーダンとの関係、マドンナをはじめとする世間を賑わせた恋愛・結婚などの私生活、タトゥー、そして北朝鮮訪問についてなど赤裸々に語った。

LOL Network/YouTube

自身の派手なルックス、奔放な言動については「自分自身を解放して、自由に生きる。自由な表現をすることで払う代償があっても構わない」と、信念があってやっていると断言する。そんなロッドマンは、かつて“自分自身”と結婚して世間を騒然とさせたこともあった。突如、ニューヨークの街に馬車に乗って登場したロッドマンは、ウェディングドレス姿でファンを驚かせた。

View this post on Instagram

⠀ ⠀

A post shared by DENNIS RODMAN (@dennisrodman) on

またタトゥーについても持論を展開。タトゥーが今ほど市民権を得ていなかった時代を、「当時のNBAコミッショナー、デビッド・スターンからは、これ以上タトゥーをいれたらNBAを追放するとまで言われた。だから頭にきて、その日に新しいタトゥーをいれた。その後もタトゥーを増やしたり、ピアスをしたり、ゲイコミュニティと仲良くしたりしてた。するとNBAも次第に考えが変わってきて、オレへの見方にも変化があった。なぜなら、そういうことに興味を持つ人が増えてきていたんだ。その頃、野郎がタトゥーやピアスをしたりすることは珍しくて、そもそも自分の好きな表現をすることすらなかった。そんな主張をしようものなら、罰金が課せられる。でもオレの場合は、罰金なんてくそくらえって思ってた。ほかのヤツらも、やりたいなら好きにやれよ、って思っていた」と振り返った。

そして、現在のNBA選手がタトゥーをサポーター等で隠していることについては、「どんな職業の人でもタトゥーを入れていて、世間では受け入れられているのにNBA選手だからって隠そうとするのはおかしい」と納得いかない様子だった。

批判も多い北朝鮮訪問については、「元々は極秘で行く予定だった。金正恩氏がシカゴ・ブルズのファンだというところから、最初はマイケル・ジョーダンに訪朝のオファーがあって、でも彼は断った。だからオレのところに依頼がきた。即答でイエスと言ったよ。サイン会の依頼だと思ったんだ。実際はエキシビションへ参加だったけど、会場に着くと観客が2万人もいて拍手をしているんだ。オレに向けたものだと思ったら、スタジアムの上の方にいる人物に向けてだった。それが金正恩だった」と語っている。

TAGS