試合をバックレた“問題児”ロッドマン 48時間に何があったのか?

デニス・ロッドマンの1998年のラスベガスでの休暇が、ドキュメンタリー映画『48 Hours in Vegas』として製作されることになった。

本作は、昨年ネットフリックスで配信され話題となったドキュメンタリー映画「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」のエピソード3で描かれていた、ロッドマンのラスベガスでの休暇に焦点を当てたものになる。「ラスト・ダンス」では、ジョーダンと当時のコーチのフィル・ジャクソン、元妻でモデルのカルメン・エレクトラがその旅行での出来事を赤裸々に語っていた。

シカゴ・ブルズが2度目の3連覇に輝いた1997-98シーズンの前半、マイケル・ジョーダンの“相棒”として活躍するスコッティ・ピッペンは自身の待遇改善を訴えるため、半ばストライキに近い状況でケガを理由に戦線から離脱していた。
チームの支柱ともいえるピッペンが抜けた穴を埋めたのは、“問題児”デニス・ロッドマンだった。ジョーダンの期待に応えるために、お利口さんにチームに貢献していたロッドマンだったが、よっぽど我慢をしていたのだろう。ピッペンがチームに復帰するやいなや、シーズン中にもかかわらずフィル・ジャクソン監督とジョーダンに休暇を直訴した。

ロッドマンがブルズから与えられた休暇のタイムリミットは48時間。「許可を出した瞬間にフィルを睨んださ。あいつが48時間で帰ってくる訳ないだろってね」と語ったジョーダンの直感は的中。ロッドマンがチームに戻るまでラスベガスで過ごした時間は、約束した48時間を大幅に超える88時間だった…。

製作権を取得したライオンズゲートのネイサン・カヘイン社長は「1998年当時、一緒にパーティーをするのに、これほど楽しい、いや、これほど危険な人物は地球上にいなかっただろう。この映画は、神話であり、伝説。そしてデニスという人物と共に、忘れられない旅へと連れて行ってくれるだろう」とコメントしている。また、デニス自らがエグゼクティブ・プロデューサーを務める事となる。

TAGS