ファン・ジョンミン版“チェイサー×アジョシ” 韓国暴力映画の新たな傑作『ただ悪より救いたまえ』

ファン・ジョンミン&イ・ジョンジェが約7年ぶりの共演で話題を呼んでいる『ただ悪より救いたまえ』が、12月24日(金)よりシネマート新宿ほかで全国公開されることが決定した。

本編の80%以上を日本やタイなど海外で撮影し、韓国ノワールとしてかつてないほどの規模で製作された本作は、「チェイサー」「哀しき獣」などで類まれなるストーリーテリングの腕を知らしめたホン・ウォンチャンが脚本・監督を務めた。また「パラサイト 半地下の家族」「哭声/コクソン」のホン・ギョンピョ撮影監督により、主演2人の対決がスクリーンに激しくかつ美しく描き出されている。新型コロナウイルス大流行後の韓国で、あの「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編「新感染半島 ファイナル・ステージ」をも超える動員を果たし大ヒットを記録。 世界56各国で公開も決定している韓国ノワール・アクションの傑作がついに日本公開される。

腕利きの暗殺者インナム(ファン・ジョンミン)は、引退前の最後のミッションで日本のヤクザ、コレエダ(豊原功補)を殺す。コレエダは冷酷無比な殺し屋レイ(イ・ジョンジェ)の義兄弟だった。レイは復讐のため、どこまでもインナムを追いかけ、関わった人間を次々と手にかけていく。一方、インナムの元恋人はインナムと別れた後ひそかに娘を生み、タイで暮らしていたが、娘が誘拐され元恋人も殺されてしまう。インナムは、初めてその存在を知った娘を救うためタイに向かい、誘拐に関わったもの達を拷問し居場所を探す。レイもまたインナムを追ってタイにやってくる。そして2人の通った後には死体の山が出来上がる……。タイの犯罪組織や警察まで巻き込み壮大な抗争へと発展する。果たして、暴走する暗殺者と狂暴な殺し屋の運命の対決の結末は一体どうなるのか、注目だ。

©︎2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

TAGS