ピカチュウが化石化 ダニエル・アーシャム × ポケモンの個展が開催

新型コロナウイルスの影響で延期されていた、Daniel Arsham(ダニエル・アーシャム)と「ポケモン」のコラボレーションによるエキシビション<Relics of Kanto Through Time>の開催日が6月9日(火)〜7月4日(土)に決定。東京・渋谷の「NANZUKA」で開催される。

<Relics of Kanto Through Time>は、ユニクロ「UT」とのコレクションに続く、ダニエルとポケモンのアートプロジェクト第2弾となる。“西暦3020年に発掘した”『ポケットモンスター 赤・緑』の世界を表現した本展では、ポケモンロゴやポケモンカードゲームを引用した作品をはじめ、ピカチュウ、ヒトカゲ、ゼニガメ、カビゴン、イーブイなどお馴染みのポケモンたちがダニエルによって化石化された作品が展示される。

なお本展は、コロナウィルス感染防止の対策として、入場は予約制となる。5月30日(土)より公式サイトにて受付が開始される。

ダニエル・アーシャムは、NYを拠点に活動するアーティスト。作品は、「FictionalArcheology(フィクションとしての考古学)」というコンセプトに基づいた立体作品、ペインティング、インスタレーション、そしてパフォーマンスなど多岐にわたり、「MoMA PS1 inNew York」「TheMuseum of Contemporary Art in Miami」をはじめとする世界中の数多くの美術館、国際展等で発表されている。

TAGS