TVゲームかな?優勝候補の歴史的フルボッコにNBAファンがザワつく

ダラス・マーベリックスがアウェイで優勝候補のロサンゼルス・クリッパーズ相手に、ハーフタイムまでに50点差をつけるという試合の流れを予想していた者は誰1人いなかったに違いない。

もちろんNBAシーズンは長い。1日おきに1ゲーム(2日連続試合もある)プレイし、コロナ禍で短縮したとはいえ、それでもレギュラーシーズンだけで72ゲームを戦い抜く過酷な5カ月間だ(通常シーズンは82試合)。選手とスタッフたちは試合前に必ずPCR検査を行い、陽性と診断されると2週間近く試合に出れなくなる。そんな過酷なスケジュールに加えて、昨シーズン終了時からの休養期間が例年よりも短く、心身ともに疲労が出ているため怪我人が続出しているほかにも、今回のような予想だにしない結果が伴っている。

クリッパーズは大黒柱のカワイ・レナードを怪我で欠いたとはいえ、前半戦を終えてスコアボードに表示されたスコアは77-27。50点差は60年前にショットクロックが生まれてから初めての出来事。クリッパーズのあまりに情けない試合に、Twitter界のNBAファンたちがざわつくのも仕方がない。

マブスがクリッパーズを手玉に取ってる

マブスがクリッパーズに50点差…

んっ、俺ちゃんと点数を読めてるよね?笑

カワイ・レナードがいないクリッパーズって草バスケチームなの?

もう数えるの止めろ!!!

これってテレビゲームじゃん

マブスが負ける可能性が0.4%ってどんなシナリオ?

今カワイは何を思う?

マブスはこれから必ず今日のユニフォームを着ること。それがルール

映画『スペース・ジャム』ではモンスターズがテューン・スクワッドに40点差(58-18)でリードすると、スコアボードの数字表示をやめて、代わりに“ワンサイドゲームな感じじゃない?”とハーフタイムに表示していたけど、マブスはクリッパーズにハーフタイムで50点差リード。

さすがにマーベリックスもこの点差には興奮したようで、公式アカウントにも以下のように書き込まれた。

今日はハイライト動画を300載せれる

これはクリッパーズが弱いのか、それともマーベリックスが強いのか。まだシーズン序盤なので、前半戦が終わるオールスターブレイクまでその真実は分からないが、今シーズンはこれからもまだまだ予測不可能なことが起きそうだ。ちなみに試合の最終スコアは124-73という大差で、もちろんマーベリックスが勝利している。

TAGS