テスラ『サイバートラック』をハイテクキャンピングカーにするギア

2022年にオフィシャル販売予定とされている「Tesla(テスラ)」のピックアップトラック型電気自動車「Cybertruck(サイバートラック)」をハイテクキャンピングカー仕様にする『CyberLandr』が発表された。

YouTube

『CyberLandr』は、ラスベガスに本拠地を置く「Stream It」が手掛けたCybertruck用のキャンピングルームアタッチメントだ。普通に走行する際はCybertruckの後部に収納されていて、いざキャンプというときに後部の屋根が開き収納されていたキャンピングルームが上にのびて登場する。ルーフトップには格納式ソーラーパネルが設置され、他にも人が出入りするためのスライドドアや格納式ステップが付いており、近代的なデザインのポップアップアタッチメントとなっている。

キャンピングルームの中も機能的で、なんと床暖房。十分な大きさのシンクの下には自動開閉する引き出しが設置。またシンクにはタッチレスかつボイスコントロールの水栓がついており、キッチン台には一見それとわからないIH調理器が内蔵され、コンプレッサー式冷蔵庫まで付いているそうだ。さらにこのキッチンは仕事部屋にも早変わりし、2つあるフリーチェアはリクライナーとベッドの3WAY仕様という優れもの。もちろん生活に欠かせないトイレとシャワーも付いている。

限られた空間をどうやって有効に使っているかはぜひ動画をチェックしてもらいたい。機能と美しさを追求したデザインとなっているCyberLandrの販売価格は現在4万9,995ドル(約544万円)とのことだが(Cybertruckはもちろん別料金!)、今なら事前予約すると割引もあるそうなので、気になった人はチェックしてみてはいかがだろうか。

TAGS