コーチにブッ放す? ノーマン・リーダスのヤバいクロスボウトレーニング

米テレビ局<TBS>でコナン・オブライエンが司会を務めるバラエティ番組「Conan(コナン)」に、人気ドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』に出演する俳優ノーマン・リーダスが登場。同作ではゾンビを倒すクロスボウの名手、ダリル・ディクソン役を演じるノーマンだが、元からクロスボウが上手だったわけではなく、何ヶ月もの訓練を経て習得したのだとか。

Team Coco/YouTube

番組ではノーマンのクロスボウのトレーニング風景を撮影した動画を紹介。コーチの指導のもと、呼吸を整え、クロスボウを構えるノーマン。次の瞬間、矢を放たずにクロスボウ本体を勢いよく放り投げる。あらためて、クロスボウを上下逆さまに構えながら「マジでカッコいいぜ」と惚れ惚れするノーマンに、「カッコいいけど、そうじゃない」と正しい向きを指導するコーチ。そんなコーチにノーマンはお喋りしながらクロスボウを向けて驚かせる場面も。

いよいよ人型の標的を使ったトレーニングへ。「3、2、1」の掛け声に合わせて、ノーマンはクロスボウを持ったまま標的に向かって突進。何度も直接クロスボウを突き刺して攻撃すると、しまいには標的の頭部を破壊してしまった。

再びゾンビの頭をつけた標的に向けて、ノーマンは「ゾンビーーーーーッ!」と大声で叫びながらクロスボウを発射。すると、「あああああああ!」と絶叫が響き、次のカットでは負傷した右目を眼帯で覆ったコーチが再登場。最後は「クロスボウ!!」とガッツポーズをとるノーマンの姿が映し出された。

これは本当の密着映像ではなく、ノーマン・リーダスが悪戦苦闘したクロスボウのトレーニング風景をコメディで再現した動画。ネット上では「笑える!」「最初は本物の訓練かと思った」「笑いが止まらない!」とファンたちを爆笑させており、ノーマンはその鍛え上げられた肉体と愛すべきキャラクターで好感度を上げているようだ。

View this post on Instagram

Caryl: the tracking, snacking, team of your dreams.

A post shared by The Walking Dead (@amcthewalkingdead) on

TAGS