記憶を無くしてもう一回観たい 『愛の不時着』ロスへ捧ぐ、泣ける名場面まとめ

2020年にNetflixで爆発的ヒットとなったドラマ『愛の不時着』は、『梨泰院クラス』などと共に第4次韓流ブームを牽引してきた。現在もNetflix JapanでTOP10ランキングに入り続け、不動の人気を誇る韓国ドラマ『愛の不時着』より、名シーンを集めた動画が公開されている。

Netflix Japan/YouTube

ヒョンビンが演じる北朝鮮の軍人とソン・イェジンが演じる韓国の女性起業家の間に芽生えたロマンスを描く本作。パラグライダー中に思わぬ事故に巻き込まれ、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)。そこで出会った堅物の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の家で、身分を隠して暮らしていくことになるが。

ジョンヒョクの家に匿われたセリは、不慣れな生活に「ボディシャンプーがない」「温水が出ない」などと直通電話をしまくる。ジョンヒョクは市場で密かに売られている韓国の化粧品などを調達したり、北朝鮮での生活に溶け込んで見えるようにセリの髪をハンカチで結んだりしながら、文化の違いを埋めようとする。

セリがジョンヒョクの婚約者のふりをすることでそんな日常生活を続けながら、徐々に2人は心を通い合わせていく。夜道を自転車で2人乗りして走りながら「私を心配しているの?」「気になるだけだ」とやり取りする場面も。

セリが北朝鮮で再会した知人の前でボディガード扱いされて不満なジョンヒョク。ホテルで荷物や人から彼女を守りながら「管理監督しているだけだ」と主張するが、セリは「これが“護衛”なの」と教える。

しかし、韓国へ戻る計画がバレて危機が迫るセリを、ジョンヒョクは命をかけて守ることになる。彼女をかばって瀕死の重傷を負い入院した病院で、自分を救うために輸血の血液を提供して韓国へ戻らなかったセリとキスを交わす。逆に、命の危機が迫ったジョンヒョクを助けるために車で突っ込んだセリが銃撃を受けて倒れてしまう事件も起こる。

セリがいよいよ軍事境界線を超えて韓国へ戻る別れのシーンや、連絡を取ることも再び会うことも難しい2人が幸せな未来を夢見るシーン、スイスで撮影された美しいラストシーンまで、運命に導かれた2人の恋愛模様をたどる。

『愛の不時着』は、Netflixで独占配信中。

TAGS