完全失神!山本KIDばりの飛び膝蹴り タイトル戦線に宣戦布告のKO劇

早くも2021年KOオブ・ザ・イヤー決定か! とも思わせる衝撃的なKOシーンが誕生したのは2月6日(日本時間2月7日)、米ラスベガスで開催されたUFCファイトナイト。

YouTube

激戦区のバンタム級で行われた2位コーリー・サンドヘイゲン vs 同4位フランク・エドガー。両者慎重に間合いをとり、静かな立ち上がりになるかと思われたファーストコンタクトでサンドヘイゲンの飛び膝蹴りが重心を低くとったエドガーに炸裂。ピクリとも動かないエドガーは完全に失神。試合時間はわずか1ラウンド28秒。戦慄のKO勝利であった。

飛び膝蹴りでのKOといえば2006年5月3日の『HERO’S』で行われた“神の子”山本KID徳郁が見せた元レスリング日本代表・宮田和幸戦での伝説の4秒KOを思い出す人も多いだろう。

サンドヘイゲンによる記憶に残る勝利はこの日のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを獲得し、彼のネームバリューを一気に押し上げた。来月行われるチャンピオンのピョートル・ヤンとアルジャメイン・スターリングのバンタム級タイトルマッチの行方を誰よりも注目する人物として名乗りを挙げたとも言えそうだ。

「俺は生まれ変わったモンスターさ。どちらが勝っても、7月の試合で俺にKOされる」と試合後のインタビューでタイトル挑戦を自信満々でアピールしたサンドヘイゲン。バンタム級戦線において彼の発言権が更に高まったことは間違いなさそうだ。

YouTube

TAGS