“格闘界のオシャレ番長” コナー・マクレガーの戦闘ジャージがバカ売れ中

UFCの“悪童”“ザ・ノートリアス”の異名を持ちながら、記者会見にはスリーピースでビシッと決めて登場する伊達男コナー・マクレガー。身につけるもの、スタイルに強いこだわりがあり、ファッション好きが高じて高級メンズスーツブランドをプロデュース。ビジネスマンとしても成功を収めている。

そんなファッション通のマクレガーとReebok(リーボック)がコラボしたトラックスーツが発売された。マクレガーが自身のインスタグラムでデザインを披露。ブラックを基調に、王冠と頭文字“CM”を合わせたロゴを配置。肩から袖にかけて走る太めのホワイトのラインには“Conor McGregor“とその名がプリントされている。

マクレガーは投稿に、「オレがリーボック・キングだ」というキャプションを付け、自慢げにトラックスーツのディテールを紹介。自慢の一品を「My personal combat tracksuit(オレの戦闘ジャージ)」と呼んでご満悦の様子だ。また「動画ではわかりにくいかもしれないが実は“ライオン”が2頭いる」として、ゴールドカラーの王冠と“CM”ロゴ刺繍にも触れて自らを“王者”とアピール。それぞれ“パワー”と“意志”を表していると説明している。

なお上下セットで90ドル(約1万円)という手頃な価格設定もあってか、現在のところ、北米、ヨーロッパを始め世界的に品切れが続出中とのこと。

マクレガーは2018年に数百万ドルという高額でリーボックと契約。今年2月には、Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)からジグ キネティカのコラボシューズも発売された。今後も続々とコラボ商品が発売されることになるだろう。

YouTube

TAGS