現代の偉大なボクサー2人と対戦 “戦闘民族”コナー・マクレガー、メイウェザーの次はパッキャオ

今年6月に3度目の引退を発表したアイルランド出身の元総合格闘技家コナー・マクレガーが、世界6階級制覇王者でフィリピンの上院議員でもあるマニー・パッキャオとボクシングで対戦予定であることを明かした。

YouTube

これまでも何度も引退を宣言をしてはリングに復活していたマクレガーなので、3度目の復活もファンの間では十分想定内だったかもしれない。プロモーターのダナ・ホワイトもマクレガーとUFCがすでに復帰の可能性について協議を始めていること、来年早々の復帰戦をほのめかしていたが、マクレガー自身が9月にTwitterでパッキャオと対戦予定であることを明かした。

「俺は次はマニー・パッキャオと中東で対戦する予定だ」「現代の偉大なボクサー2人と対戦できることは本当に名誉だ」とツイートしたマクレガー。マクレガーは、ボクシングで5階級を制覇し無敗のまま引退したフロイド・メイウェザーと2017年に対戦しておりこの時はメイウェザーが勝利したが、今年7月に「将来機会があるならまたメイウェザーと対戦したい」と意欲を明かしていた。

マクレガーはパッキャオとの試合がいつ行われるかなど詳細については語っていないが、メディアによると今年の年末か来年1月初めではないかとのこと。またマクレガーが今後UFCに本格復帰するのかについても定かではないが、彼のマネージャーはマクレガーの2021年の現役復帰の可能性をほのめかしている。

TAGS