コカ・コーラ、新作“ピクセルフレーバー”をメタバースで初披露

コカ・コーラの新しいフレーバー『Zero Sugar Byte』がメタバースに登場した。

これはコカ・コーラが今年から展開している<Coca-Cola Creation>の第2弾。第1弾はスペースフレーバーの「Starlight」が展開されたが、第2弾の『Zero Sugar Byte』は、ゲームにインスパイアされた“ピクセルフレーバー”とのこと。コカ・コーラ カンパニーのグローバル戦略シニアディレクターであるOana Vlad(オアナ・ブラド)氏はプレスリリースで、「Coca-Cola Creation第2弾は、ゲームが可能にする体験に根ざし、ピクセルの遊び心にインスピレーションを得た革新的な味を作りたいと考えました」とコメントしている。

コカ・コーラが新フレーバーをメタバースで披露するのは今回が初めて。人気ゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のクリエイティブモードで出てくる期間限定「Pixel Point」内の4つのミニゲームで『Zero Sugar Byte』をバーチャル体験できる他、『Zero Sugar Byte』のパッケージをスキャンするとアクセスできるARゲームも用意されている。

『Zero Sugar Byte』は、アメリカで5月2日に発売予定だが、購入はオンラインのみとのこと。ツインパック仕様で販売されるので、1本は飲んで、1本は鑑賞用にキープする楽しみ方も可能だ。日本で販売されるかは未定だが、果たして“ピクセルフレーバー”とはどんな味なのか、気になるところだ。

コカ・コーラは2021年からメタバースでのプロモーション展開に積極的に動いており、今後ますますその動きは加速しそうだ。

TAGS