新作がリークされ大激怒 ヤバい街から来たラップ・デュオ City Girls、SNSでバズる

いま勢いに乗っているラップ・デュオ City Girls(シティ・ガールズ)の新作アルバム『City on Lock』が正式リリース前に何者かにリークされてしまった。

City Girls/YouTube

リークされたのは現地時間6月19日。“Juneteenth”と呼ばれるアメリカ奴隷解放記念日だ。アフリカン・アメリカンにとってはめでたい日なのだが、想定外の事件にメンバーのYung MiamiとJTは大激怒。クレジットカード不正使用の罪で服役していたJTが2019年10月に刑期を終えてから、念入りにリリースの準備を進めていたということで、彼女たちの落胆と怒りも当然だ。

だが、この事態にレーベル<Quality Control Music>は即対応。その日のうちにアルバムのビジュアルとリードシングル「Job」のミュージック・ビデオをオフィシャルに公開するという荒技に出たのだが、これにファンたちは大歓喜。SNSは相当な盛り上がりをみせた。

「植民地支配者たちがオレたちのブラック・シスター、シティ・ガールズのアルバムを、オレたちの日にリークしただって!? ブラザーたちシスターたち、これはきっと偶然じゃないぞ!」

「一体誰がJuneteenthにシティ・ガールズのアルバムをリークなんかしたんだ!!!!!」

「すごい、ビヨンセの新曲とシティ・ガールズのアルバムが今夜同時に……黒人に生まれてよかった」

想定外ではあったが、リークされたこととレーベルの光速対応が結果的にバズを巻き起こしたようだ。アルバムにはヨー・ガッティ、リル・ベイビー、ドジャ・キャット、リル・ダークといった豪華ゲストが参加。リードシングル「Job」のMVは、ラップで成功してうんざりするような9時5時仕事をさっさと辞めるという内容になっている。

“働いてるんだよ、こっちはマジなんだ 私こそJobなんだよ 気に入らなきゃとっとと失せな”
“アティチュードつきのリッチなビッチさ”

「成り上がって大成功してやるからな」と宣言するこのシングル。豪華ゲスト陣の話題性もあり、新作アルバムは彼女たちのストーリーを実現してくれるかもしれない。フロリダ州マイアミのなかでも、もっとも荒っぽい街と言われるオーパ=ロッカとリバティー・シティ出身のシティ・ガールズ。怪我の功名で今年大躍進なるか?

TAGS