“時間が逆転” 未来へ進む者と逆行する者が、同じ時間軸で交錯する 『TENET テネット』

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』(9月18日より公開)より、最新映像が解禁となった。

ワーナー ブラザース 公式チャンネル/YouTube

ワーナー ブラザース 公式チャンネル/YouTube

『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』と斬新なアイデアや驚異的ビジュアルと圧倒的なリアリティで、常に観客のド肝を抜く映画を放ち続けている“世界でも最も次回作が期待される映画監督”クリストファー・ノーラン。彼の集大成にして最高傑作になると、世界中から大きな期待を寄せられる タイムサスペンス 『TENET テネット』。

7月10日からは本作の公開を記念して、伝説的作品『ダークナイト』のIMAX®&4D版が緊急公開。4D上映は今回が初となる。さらにIMAX®版の本編前には、約6分間の『TENET テネット』プロローグが上映される。プロローグで描かれるのは、主人公が潜入するあるミッション。衝撃的な〈時間の逆行〉シーンをはじめ、一瞬たりとも見逃し出来ない緊張感あふれるスリリングな展開を、一足先にビックスクリーンで体感できる。

本作の最大の謎の一つと言えるのは〈時間の逆行〉だ。横転クラッシュから元に戻るカーアクションや、撃った弾が銃に戻っていく…未来へ向かって進む者と、逆行する者が、同じ時間軸で交錯する、この特殊なアクションシーンは、映像合成特有の違和感が見受けられないことから、プロも驚くような撮影方法が取り入れられていると予想されている。

ワーナー ブラザース 公式チャンネル/YouTube

また『インターステラー』ではノーベル物理学賞受賞のキップ・ソーンが監修をしていたが、先日公開された本作の予告68秒あたりに登場するホワイトボードに“ある数式”が描かれており、「リアルにこだわるノーラン監督なら、〈時間の逆行〉に関係するのでは?」と早くもネット上で考察合戦が白熱。

「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」

主人公に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む〈時間のルール〉から脱出すること。時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるのだ。ミッションのキーワードは〈TENET(テネット)〉。突然、国家を揺るがす巨大な任務に巻き込まれた名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)とその相棒(ロバート・パティンソン)は、任務を遂行する事が出来るのか。

世界7か国を舞台にIMAX®カメラで撮影、時間が逆行するゲーム性をリアルに描き、驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作が常識を一瞬で吹き飛ばす。混沌とした世界情勢の中で本作の劇場公開はまさに、映画館でしか体験出来ない映像体験を更新し続けてきたクリストファー・ノーラン監督ならではのメッセージが込められている。全ての謎が明らかになる、未知なる劇場体験『TENET テネット』は、9月18日より公開。

©︎2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

TAGS