オーマイゴッド! リアリティ番組で人気爆発中のインフルエンサーが好感度爆上がり

Netflixのリアリティ番組『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』(2020年)、『The Circle アメリカ編』シーズン2(2021年)に出演するChloe Veitch(クロエ・ヴィーチ)による名場面を集めた動画が、Netflix公式YouTubeチャンネルで公開されている。

Netflix UK & Ireland/YouTube

イギリス出身のモデル/女優であるクロエが出演したNetflixオリジナルシリーズ『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』と『The Circle アメリカ編』は、どちらも10万ドル(約1,086万円)という高額賞金を賭けて参加者たちが特殊なシチュエーションで過ごすバトル系リアリティ番組。

『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』に登場するのは、海の楽園で過ごすセクシーな時間に胸を高鳴らせる独身男女。だが、そこには思わぬ落とし穴が……。なんと、禁欲生活を送らなければ、賞金10万ドルは手に入らない。彼らの生活を監視するのは、AI「ラナ」。キスや性的行為をするたびに賞金が減額されていく。

『The Circle アメリカ編』は、直接会うことなく、口説きモードや友達としてのアプローチを交えながら、他の参加者に好かれるよう戦略を練る社会実験的ゲーム。参加者は直接会わずに「サークル」で会話するため、自分のままで別人を演じることもできる。目指すは賞金10万ドル。シーズン2では『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』のクロエを含む新メンバー8人による戦いが繰り広げられる。勝ち残るためには人気者になるという新ルールのもと、高額賞金を手に入れようと戦略的にゲームを進める。

どちらのシリーズでも、とにかく陽気で楽しいキャラが好感度の高かったクロエ。動画では「オーマイゴッド!」と叫びまくる姿にはじまり、両番組での彼女の名場面を見ることができる。『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』では、禁欲ルールを聞いて叫び、「ガマンよ!」、「脱がなければいいだけ」と必死に耐えようとする。他メンバーとモメたり、落ち込みかけて「ウーマン・エンパワーメント!」と自分を励ます場面も。『The Circle アメリカ編』では、部屋で独り過ごしながら歌い踊り、やたら絶叫する。「サークルで一番セクシーなクロエよ!」と名乗りながら、人気者になって脱落しないようにふるまう。

クロエが出演するリアリティ番組『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』、『The Circle アメリカ編』は、Netflixで独占配信中。

TAGS