堀米雄斗とナイジャ・ヒューストン 白熱した名勝負を繰り広げる CHIMERA A-SIDE THE FINAL

1月25・26日とエクストリームスポーツの王者を決めるCHIMERA A-SIDE THE FINALが愛知県国際展示場 Aichi Sky Expoにて開催された。

こちらは昨年行われたリーグ戦の上位5名と豪華海外招待スケーターが参加する、オリンピックイヤーの幕開けを飾る世界的ビッグコンテストとなっており、優勝賞金は何と1000万円。多くのメディアが駆けつけ、五輪の行方を占う上でも非常に重要な一戦となった。

それもそのはず。来日したライダーは2010年代からコンテストで無類の強さを誇り、絶対王者の名を欲しいままにするナイジャ・ヒューストンを始め、2017年のスケーター・オブ・ザ・イヤーに輝いたジェイミー・フォイ、Grizzly GriptapeやThank you skate coと言ったリアルブランドを手がける人気者のトリー・パドウィルなど、錚々たる顔ぶれが集まった。

そして迎え撃つ日本勢も豪華そのもの。今や世界最高峰のライダーとなり、国内開催のコンテストは2016年以来の出場となる堀米雄斗を始め、Soraグラインドと呼ばれるシグネチャートリックを持つ白井空良、昨年のWORLD SKATE JAPANやAJSAのチャンピオンである青木勇貴斗など、現時点での最強と言えるメンバーが顔を揃えた。

今回はオリンピックの出場ポイントが獲得できるコンテストではないため、本番とは若干ルールが異なり、2本のランと3本のベストトリックのうちベストスコアの1本ずつが採用される形式で、それぞれ100点ずつあるので合計200点満点で争われる。

中でも最大の注目となっていたのは、今まで幾度となく名勝負を繰り広げてきた堀米雄斗とナイジャ・ヒューストンの一騎打ちだ。無論上記のジェイミー・フォイのキンクレールでのロンググラインドや、青木勇貴斗回しインのレールトリックなど、各々が自身のスタイルを活かした素晴らしいライディングを見せてくれたが、結果とスコアだけを見れば大方の予想通りの結果となった。

それでも今回も両者は見る者の期待を裏切らない白熱した名勝負を繰り広げてくれた。

初日の予選では堂々とした貫禄の滑りで168点を叩き出した堀米がトップ通過で、続くナイジャが160点で2位。お互いまだ手の内を出し切っていない心理戦の様相を呈していたが、それは予選終了後にそれぞれが行っていた決勝に向けた練習にも現れていた。

ナイジャは初日の予選終了後に決勝に向けたトリックを、今回のパークのメインセクションであるバンクからのギャップ to レールで感覚を確かめるように何度も練習していたのに対して、堀米はルーティーンを中心に取り組んでいたのだが、決勝ではその取り組みがそのまま結果としてスコアに反映されることとなった。

安定した滑りで予選1位通過。堀米雄斗のノーリーF/S270リップスライド

予選2位通過となったナイジャ・ヒューストン。キックフリップとトリックはシンプルでも、一切の無駄のない流れるような動きは流石の一言。

堀米は翌日の決勝1本目のランではハンドレーレールでノーリー B/S270 スイッチリップスライドをメイクする、ノーミスのパーフェクトランを披露して87点を獲得。対してナイジャは1本目のラストトリックでバンクからのギャップ  to レールでのキックフリップ B/Sリップスライドをミスしてしまい、出遅れる形となってしまった。

この時はMCも「堀米が優勝賞金の1000万円にリーチをかけたのではないか」と言うほど、周囲の空気は堀米ムードに包まれた。

しかし、ここから絶対王者と呼ばれるナイジャが真の強さを見せる。

ランの2本目できっちりキックフリップ B/Sリップスライドを仕留めると、堀米を上回る90点を獲得。今回のセクション構成を考えた上で、一番のビッグセクションであるバンクからのギャップ to レールで回しインのトリックをルーティーンに入れたことが高得点につながったのだろう。

さらにベストトリックでは、1本目に同じバンクからのギャップ to レールセクションでノーリー F/S 270スイッチリップスライドをメイクしたのみに終わった堀米に対して、1本目にハーフキャブ B/Sスミスグラインドの180アウト、2本目にはさらにその上をいくキャバレリアル B/Sノーズブラントスライドをメイクし、今大会最高の97点を獲得。そして文句ナシの優勝となった。しかもこのトリックは練習では一度も披露していないトリックというおまけ付き。それもジャッジ陣の評価を高めたポイントになったことは間違いない。

しかし、この結果もナイジャの前日の予選後の練習や決勝のトリック構成を順に追っていくと、いかに彼が試合巧者であったかがわかる。

前日の予選後の練習では、決勝1本目にメイクしたハーフキャブ B/Sスミスグラインドの180アウトに加え、キャバレリアル B/Sリップスライドもメイクしていたのだが、今思うとそれがキャバレリアル B/Sノーズブラントスライドをメイクするための布石であったように思えてならない。

この両トリックをメイクして感覚をつかんでおけば、レールへのインもアウトも、キャバレリアル B/Sノーズブラントスライドはそれらの延長線上にある近い動きのトリックと言えるので、たとえ練習で一度も披露していなくとも、百戦錬磨のナイジャならばデッキの掛け方をちょっと微調整するくらいの容易いことであったのではと感じてしまうし、ベストトリックでメイクした両トリックの写真を比べても、実はアプローチの体勢がデッキをレールに掛ける直前までほとんど変わっていなかったので、そう言ったことを全て計算していたようにすら思えてしまう。もしそれが観客の盛り上がりも考えての上でのトリック構成だとしたら、さすがといってしかるべきではないだろうか。

コンテスト後のインタビューで、堀米はニュートリックを出したかったことと、ナイジャとの差はそこまでないという話をしていた。確かに持っているトリックの数や難易度では堀米の方に分があるのかもしれない。おそらく今回は披露しなかったニュートリックも今まで誰もやっていないトリックなのだろう。

しかし、それが今回のCHIMERA A-SIDE THE FINALや、決勝で8位に終わってしまった2018年のStreet League World Championship Super Crown Finalのような、持ち技を発揮しづらいセクションだとしたらどうなのだろう。もしかしたらオリンピックの金メダルはセクション構成に左右されるのではないだろうかとすら思ってしまう。しかし、日本人としては本番に向けてニュートリックの習得だけではなく、セクションへの対応力をつける練習も重ねていくと話してくれた堀米のさらなる進化の方に期待したい。

5位は幼少期より天才ライダーとして名を馳せてきた池 慧野巨。このノーリービッグスピンは抜群のメイク率。メイン、スイッチ、フェイキーと全てのスタンスを分け隔てなく使い分けるスキルはさすがの一言。

4位はここ1~2年の成長が著しい青木勇貴斗。このスイッチビッグスピンヒールB/Sボードスライドはランでもメイクするなど今回も確かな成長を見せてくれた。

3位は招待ライダーのジェイミー・フォイ。このF/S クルックドグラインドもキンクしているレールをここまで流しただけにとどまらず、B/Sショービットでトランスファーアウト。会場は熱気に包まれた。

残念ながら2位に終わった堀米雄斗。このノーリー B/S270 スイッチリップスライドもランの中で披露するなど、自身の持ち味は発揮していたが、セクション構成もあり、新たなトリックは出せずに終わってしまった。

優勝したナイジャ・ヒューストン。これは1本目のハーフキャブ B/Sスミスグラインドの180アウト。ここまでは2本目のキャバレリアル B/Sノーズブラントスライドとほぼ同じ体勢。

今回表彰台に上がった3名。左から堀米雄斗、ナイジャ・ヒューストン、ジェイミー・フォイ。

<RESULT>
1位 ナイジャ・ヒューストン 187点
2位 堀米 雄斗 180点
3位 ジェイミー・フォイ 170点
4位 青木 勇貴斗 154点
5位 池 慧野巨 149.3点
6位 トミー・フィン 149点
7位 白井 空良 79点
8位 ジェイク・イラーディ 63点
9位 根附 海龍 60点

TAGS