警察の残虐行為への抗議とNBA再開への賛同 ハーデン、カリーらのユニフォームがアート作品に

彫刻、パフォーマンスアート、サウンドインスタレーション等を手がける気鋭のアメリカ人アーティスト、ケヴィン・ビーズリーが、ニューヨークにある「Casey Kaplan Gallery(ケイシー・カプラン・ギャラリー)」のオンライン展覧会『ACOUSTIC PANELS(アコースティック・パネル)』を開催中。

View this post on Instagram

Dual meanings and “word play” are the basis of Kevin Beasley’s series of wall-based artworks from 2017 that merge NBA player jerseys with acoustic foam panels. Soaked in resin and splayed out in tiled compositions of bold colors, the surnames (emblazoned on the backs of jerseys) are repeated in double entendres over purple and maroon-colored sound-deafening foam. Players in motion are frozen and their individuality reduced to a collective itemization. They are silenced. Absent black male bodies linger within a liquid collage as if resin and sweat conflate. Beasley pursues sports culture as an entry point into the shared experiences and complicated realities of race, power, violence, and exploitation. Three years after their creation, Beasley’s thoughts on this body of work are focused upon the repetition of how we view black bodies, and that these associations are on a loop. The suppression is a method of manufacture, these names having little to no relationship with their point of African origin. Each year (or season) we see the same events play out over and over again. Image: “Curry” 2017, Polyurethane resin, wood, acoustic foam, NBA Jerseys, 87 x 66 x 5" / 220.98 x 167.64 x 12.7cm, is included in our current online exhibition of Beasley’s acoustic panels viewable within the “Viewing Room” section of the gallery’s website (link in bio). Interested in disruptions of establishment, Beasley seeks to re-establish the meaning of symbols, language or images eternalized within systems of institutional control. Language and color conjure specific connotations and implications defined by the black experience in America. #kevinbeasley #acousticpanels #curry #stephencurry #goldenstatewarriors #nbajerseys #nba #nbabasketball #caseykaplangallery

A post shared by Casey Kaplan (@caseykaplangallery) on

NBAを代表するスター、デリック・ローズ(現デトロイト・ピストンズ/作品に使用されたジャージはニューヨーク・ニックス時代のもの)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステート・ウォーリアーズ)、ステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォーリアーズ)という4選手のユニフォームを、横220cm X 縦168cmという特大パネルに貼り付けたアート作品を披露。選手の“汗”からインスピレーションを得たというシワが施されたユニフォームは、蛇腹状の硬質フォームの上から流れ落ちているかのイメージで配されている。

同作品シリーズは2017年に初めてお披露目されたが、当時のコンセプトは“スポーツ/結束”。そして今回のNBAユニフォーム・シリーズには新たに、アフリカ系アメリカ人に対する警察の残虐行為への抗議運動Black Lives Matterと、新型コロナウィルス感染拡大の為に中断されていたNBAレギュラーシーズン再開へ賛同するという2つのメッセージが込められている。

ビーズリー自身はインタビューで、「このシリーズに対して少し自分の解釈が変わったんだ。以前は異質なものの組み合わせが、いかにして大きな議論を呼び込むものにできるかを考えて製作していたが、今は異質なものそれぞれをよりよく観察できるようになって、それらがどう機能するかがわかってきた」と、作品への自身の理解への変化について語っている。

さらに、「スポーツカルチャーという題材を通して、作品を見る人それぞれの経験や人種問題を振り返ったり、さらには権力、暴力、搾取にまつわる複雑な現実について考えてもらうきっかけを作りたかった」と、作品に込めたメッセージも強調している。

『アコースティック・パネル』展は、ケイシー・カプランのウェブサイト上で開催中

TAGS