ストリッパー実録モノ『ハスラー』 “ヒップホップ界の新女王”カーディ・Bに注目 

ジェニファー・ロペス、カーディ・Bらが出演し、全米公開中の映画『Hustlers/ハスラー(原題)』。

『ハスラー』は00年代後期のニューヨークを舞台に、ストリッパーたちが結束してウォール街の富裕層を騙して金を巻き上げるという、実話をベースにしたストーリー。主人公デスティニーを演じるのは、アジア系俳優大集合映画『クレイジー・リッチ!』で注目を集めたコンスタンス・ウー。物語の牽引役となるロマーナを演じるジェニファー・ロペスをはじめ、脇を固めるキャストも強力だ。

STX Entertainment/YouTube

STX Entertainment/YouTube

なかでも注目なのは、お騒がせラッパーとしても知られるカーディ・Bだろう。グラミー受賞経験もあり、いま最もシーンに影響力がある彼女にとって、今回が初の映画出演となる。

製作側は、今回のキャスティングのために2年もカーディを追いかけたらしく、監督のローリーン・スカファリアが彼女とコンタクトを取っても「わかった。こちらからいずれ連絡します」という返事ばかり。それを繰り返しているうちに、気づけば自身の携帯電話に“Cardi1”と“Cardi2”の二つの連絡先が登録されていたとのことだが、そのどちらもカーディ本人の番号かどうかは「いまだに不明」らしい。

そんな苦労の甲斐あって、ダイヤモンドという役で出演することになったカーディ。実際にストリッパーとして生計を立てていた彼女だけに、真に迫る演技が期待できそうだ。

Cardi B/YouTube

Cardi B/YouTube

TAGS