まさに女王 カーディ・B、女性ラッパーとして前人未踏の新記録を達成

その過激なパフォーマンスが論争を呼ぶ事はあっても、2020年代を代表するアーティストである事に異論はないであろうカーディ・B。彼女の発表したシングルが複数のダイアモンド認定(楽曲の全米セールスとストリーミングの合計が1,000万を突破)を受けた初めての女性ラッパーとして音楽の歴史に名を刻んだ。

Cardi B/YouTube

2曲のうちの片方は言わずとしれた彼女の大出世作「Bodac Yellow」。ストリッパーからセレブへとのし上がったカーディのストーリーをダークで粘着質なトラックに乗せ、彼女独特のセクシャリティに溢れた言葉遊びでライミングしていく名刺代わりの特大ヒットシングル。

そして今回の新記録達成となった新たなダイアモンド認定曲は、マルーン5とのコラボシングル「Girls Like You」。マルーン5のアダム・レヴィーンが歌う「僕には必要なんだ。君のような女のコが」というキュンとくる切ないメロディに、後半炸裂するカーディBのスパイシーなラップ。まるで甘さとしょっぱさの意外な組み合わせが癖になる生ハムとメロンのようなコンビネーションが印象的なラブソングは、有名人が多数出演したMVも話題になり世界中で大ヒットした。

Maroon 5/YouTube

今回のダイアモンド認定についてカーディはTwitterで「ワォ! ダイアモンド認定曲が2つになった! 私をこの曲に参加させてくれたマルーン5には本当に感謝しているわ。この曲は私がパフォーマンスする度に娘を楽しませる曲でもあるの」と喜びを語っている。我が道を突き進むカーディ。これからもまだまだダイアモンド認定の楽曲をもっと増やしていきそうだ。

TAGS