バカどもに議席を与えているのよ! カーディ・B、共和党議員を怒りのフルボッコ

カーディ・Bがウィスコンシン州選出のグレン・グロスマン共和党下院議員が議会で表明した意見に怒りの反論を見せている。

最近ではカーディが共和党議員から批判されることは日常茶飯事で、基本的にはカーディはこのネタを笑い飛ばしている。しかしグラミー賞でのカーディのパフォーマンスについて、議員に抗議の連絡をした人を募っているジャーナリストのジム・サクサ氏のツイートに「やれやれだわ。(今もさまざまな理由で)死んでいる人々がいるってのに!!!!!」と反応。

続けてグロスマン議員のビデオを直接取り上げると、「ほんっとうに腹の立つ内容。警察権力の横暴によって続いている合衆国史上最大級の事件を目の当たりにして、みんなピリピリしていたのがあなたにはわからないの? しかも待って、待ってよ! 本当にこれが『州議会議員が話す』と決めた議題でいいのかしら」と皮肉たっぷりに語る。

あるファンも「正直言ってとても奇妙だよ! 彼らはトランプ元大統領のスローガンである『アメリカを再び偉大に(America to be Great Again)』を望んでいるくせに、議会では1カ月前に起こったグラミー賞のパフォーマンスをやり玉にあげるなんて!」「最近の警察の不祥事にも肝心なところからは目をそらしているくせに!」とカーディに同情するツイートを投稿した。

カーディも本来話題にすべきこととして「同胞たちがジェイコブ・ブレーク氏への警察官による銃殺事件について一言も言わず、彼の正当性を証明することができないのはとても心苦しい。けど、そうなっている理由のひとつがこれなのよ!!!!!」「国民はそんな“F*CKINなバカども”に議席を与えているのよ! だからこそ、我々は投票してより良い政治家を選ばなければならないのよ。あなただって今、州の代表として議席にふんぞり返ってる馬鹿議員たちの片棒を担いでいるんだから!」とも付け加えた。これこそがまさに正論というものだ。

TAGS