お金を稼ぐのよ! カーディ・B、卒業生にテンション高めの祝辞

新型コロナウイルスの脅威が世界に蔓延するなか、2020年度に卒業を迎える学生たちに、カーディ・Bがビデオで祝辞と声援を贈った。『Graduation2020』と題されたバーチャルな卒業式で人気ベテランタレント、オプラ・ウィンフリーが学位授与式を行った後、カーディが映像で登場。

YouTube

「ハイスクールとカレッジの卒業生のみなさん全員に、おめでとうと言わせください。おめでとう、おめでとう、おめでとう! コロナウイルスなんかに、あなたたちのこの素晴らしい瞬間を奪うことなどできないから! あなたたちが得た本当に大事なことは、学位や卒業できることではなく、獲得した知識とそれを学び続けた長い夜があるということを、身をもって知っていること。あなたたちは人生の第一歩を踏み出そうとしている。これからお金を稼ごうって時。そしてこれまでに努力して身につけた力を見せてやる時が来たのよ!」

カーディの地元ニューヨークのように、厳戒態勢の敷かれている街では卒業式が開催できない。そのためオンラインでセレモニーを行うしかないのだが、一生に一度のめでたい日に集まれず、学生生活の最後を仲間たちと祝えない卒業生たちのために、祝辞と元気を届けようというカーディの計らいである。

4月にも女性向けファッションネットショップ<Fashion Nova>と協力して、コロナで困窮する家庭を対象に総額100万ドルもの支援を表明するなど、社会貢献を続けるカーディ。以前から社会派で政治参加意識の高いアーティストだが、この危機的状況で以前にも増して存在感が大きい。

コロナの恐怖に時にパニクりながらも、いざという時に「よーし!」と腕まくりするカーディに励まされるファンも多いだろう。

TAGS