超空間的なサウンドフィールドに変換 ヴァージル・アブローと「Syng」の限定コラボスピーカー

「Off-White(オフホワイト)」の創始者であり、「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」のメンズ・アーティスティック・デザイナーでもあった故ヴァージル・アブロー。彼が自身の作品をデジタルアーカイブとして残すために数年前に立ち上げたサイト「Canary Yellow」とSyng社が連携し、Syng社が誇る世界初のトライフォニックオーディオスピーカー「Cell Alpha」をアレンジした24台限定のオリジナルコラボスピーカーが発売された。

https://www.instagram.com/syngspace/

Syng社は、初代iPhoneなどApple社のデザイナーとして約20年にわたって様々なプロダクトデザインを手掛けてきたChristopher Stringer(クリストファー・ストリンガー)氏が独立し設立したオーディオブランド。今回発表されたコラボスピーカーは、「Cell Alpha」本来のスピーカーとしての機能とモダンなデザインを維持しつつ、ブラックのスタンドに「For Listening」のテキストと「Canary Yellow」のキャンドルロゴがイエローカラーで入ったスタイリングが印象的だ。

「Canary Yellow」では公式Instagramアカウントで、今回のコラボスピーカーは「今まで体験してきたどんなスピーカーよりもリッチでクリアなサウンドを提供し、このトライフォニックオーディオによって今いる空間が超空間的なサウンドフィールドに変換されるだろう」と自信に満ちたコメントを投稿している。

「Canary Yellow」とSyng社によるコラボ版「Cell Alpha」は、現在Canary Yellow公式サイトにて2,399ドル(約32万円)で販売されている。

TAGS