超豪華すぎるヤバいメンツが大集合、メチャメチャに大暴れ 『CoD: Warzone』

昨年の3月以降、ステイホームでさらに人気爆発した大ヒットゲームシリーズ『Call of Duty®(コール・オブ・デューティ)』。4月22日にいよいよシーズン3が配信を開始すると、マップやエリア、アイテムのアップデートなどが追加され、現在世界各地で激しい戦闘が繰り広げられ、盛り上がりまくっている最中だ。

Call of Duty/YouTube

とにかく今最も熱いゲームの一つなわけだが、今回のアップデートに伴うプロモーションも半端ない。特に先日公開されたティーザー動画が超豪華すぎると話題になったので、ここで改めて紹介したい。

AC/DCの「Thunderstruck」が流れると、まずはヤング・サグがビルから飛び出し、同じくラッパーのガンナが操縦するヘリに飛び移る。「よお、久しぶりだな〜」などと軽口を叩きあいながらビルを爆破する冒頭にまずワクワクさせられる。

続いてもヒップホップ界からさらにジャック・ハーロウ、スウィーティー(Saweetie)、AJ Tracey、スウェイ・リーらの新世代ラッパーたちがプレイヤーとして登場。さらにプロゲーマー(プロ・コール・オブ・デューティ・プレイヤー)Nadeshot、GLOCKシューティング・チームの銃射撃美女ミシェル・ヴィスクーシ(Michelle Viscusi)、そしてNBAのロサンゼルス・レイカーズからデニス・シュレーダー、サッカー界からジャック・グリーリッシュも登場。そして最後にMLBからあのムーキー・ベッツがグレネード弾をライフル銃でかっ飛ばす。

なんともそうそうたるメンツだ。音楽、eスポーツ、ガンシューティング、スポーツ界から、現実世界では絶対に一堂に会することのない夢のプレイヤーたちが入り乱れて活躍する、とにかく豪華すぎるティーザー動画なのである。この豪華キャスティングの時点で『コール・オブ・デューティ』シリーズがこれまでいかに好調だったかわかるというものだが、その勢いは今後もしばらく止まることはなさそうだ。

TAGS