今、あえてテーマは「東京オリンピック」 LAの鬼才カリ・ソーンヒル・デウィットが個展を開催

カナダ出身、ロサンゼルス拠点のマルチアーティストであるCali Thornhill DeWitt(カリ・ソーンヒル・デウィット)が、日本国内では3年ぶりとなるソロエキシビジョン『TOKYO OLYMPICS』を東京・神宮前のギャラリー「COMMON」にて開催する。

カリ・ソーンヒル・デウィットは、ニューヨーク、ロサンゼルス、コペンハーゲン、ブリュッセル、パリ、香港での個展を含め、世界中で幅広く制作活動・展覧会を開催する他、インディペンデント音楽レーベル「Teenage Teardrops」オーナーや、ブランド「SOME WARE」デザイナー、アーティスト集団「WSSF」主催、Kanye West(カニエ・ウェスト)のマーチャンダイズデザイナーなどの側面も持つ。

代表作には、プラダンにインターネットよりピックされた挑発的な画像に、同じくインターネット上にあるニュースのヘッドライン、スパムメール、広告のキャッチコピーなどのフレーズを落とし込んだ「プラスチック・サイン・シリーズ」や、90年代のLAにいたヒスパニック系ギャングが故人の弔いのために作成していたTシャツにヒントを得た「メモリアル・スウェット」があり、それらの作品はVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)やTremaine Emory(トレメーヌ・エモリー)にも強いインスピレーションを与えている。

今あえて『TOKYO OLYMPICS』と題されたその展示会名に、ブートレグやカウンターカルチャーとメインカルチャーの交錯が作品から垣間見えるだろう。

また、このアート展を記念して、同氏がREADYMADEの細川雄太氏と展開するアパレルブランド「SAINT MICHAEL」のスペシャルなポップアップショップが原宿のGR8にて開催されるとの事。

しばらくCali氏の快進撃は止まらなさそうだ。

Cali Thornhill DeWitt「TOKYO OLYMPICS」
会期:2020年8月21日(金) ~ 9月13日(日)※無休
会場:東京都渋谷区神宮前6-12-9 1F 「COMMON」
時間:13:00 – 19:00
TEL : 03-6427-5834

SAINT MICHAEL Special POP UP for Cali Thornhill DeWitt「TOKYO OLYMPICS」in GR8
日時:8月22日(土) ~ 9月11日(金)予定
※商品が完売した時点でPOPUPは終了
場所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2.5F「GR8」
TEL : 03-3408-6908

TAGS