キングがライバルにキス バーガーキングが打ち出したキャンペーンの意味は?

フィンランドのバーガーキングが打ち出した粋なキャンペーンが話題となっている。

まさに“愛”をテーマにした今回のキャンペーン。「愛はすべてに打ち勝つ(Love conquers all. )」というコピーとともに、バーガーキングのキングが、ライバルであるマクドナルドのキャラクター、ドナルド・マクドナルドの頬を両手で包みキスしているイラストが、ポスターとして街のあちこちに掲出されたのだ。

バーガーキングフィンランドのブランドマネージャー、カイサ・カシラ氏は次のようなコメントを発表している。
「バーガーキングは常に平等、愛、皆の権利を守る姿勢を打ち出してきました。今回のキャンペーンは、一見そう見えないかもしれませんが、我々がライバル社であるマクドナルドをリスペクトしている気持ちから生まれたものです。そしてマクドナルドも同じ気持ちだと、我々は確信しています」

フィンランドの首都ヘルシンキでは9月あたまに、LGBTQI全ての人たちの人権の平等、多様な社会のあり方、愛を訴えるイベント「プライドウィーク」が開催されていたが、今回のバーガーキングのキャンペーンはその一環で、プライドウィーク期間中、バーガーキングの公式SNSやお店はもちろん、バス停など街中のあちこちに掲出され、人々の目を引いたようだ。

TAGS