キャプテン・マーベル、大ピンチ 何故かカイリー・ジェンナーの自撮りに写り込んでしまう

毎年5月にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される“ファッション界のアカデミー賞”とも称される<METガラ>。2020年は150周年記念であることを踏まえ、展覧会のテーマは「About Time:Fashion and Duration(時間について:ファッションと存続)」と発表された。会場全体が“時計”として大胆にデザインされ、世界的人気スターたちがどのような衣装でレッドカーペットを歩くのか、ユニークで煌びやかな姿とパフォーマンスに例年のごとく世界中が注目していた。

しかし、本来なら5月4日に開催されていたはずのファッションの祭典は、新型コロナウイルスの影響で無期限延期となってしまった。多くのファンが落胆するなか、MCUシリーズのキャプテン・マーベル役でお馴染みの女優ブリー・ラーソンが、過去のMETガラの思い出の1枚をInstagramに投稿。

多くのセレブは落ち込むファンのためにレッドカーペットの写真を投稿したが、ブリーが投稿したのはお手洗いで撮影された一風変わった1枚だった。

2017年にカイリー・ジェンナーが撮影した写真には、女優のキム・カーダシアン、ケンダル・ジェンナー、音楽プロデューサーのディディ、ラッパーのエイサップ・ロッキー、モデルのルカ・サバト、そして俳優のアシュトン・サンダースなどのビッグネームたちの姿が残されている。もちろん、ブリーも豪華な面々に押しつぶされながら、笑顔で写り込んでいる。

「みんなが、METガラを懐かしがってるみたいだからリマインドするね。これは手を洗おうとトイレに行ったら、どういうわけかカーダシアンファミリーのセルフィーに入っちゃったの」とコメントが添えられたユーモラスな写真に、「ゲームのルールは30秒以内でラーソンを見つけること」「ほかに写真を取る場所はなかったの?」など、多くのコメントが寄せられている。

TAGS