『ブレイキング・バッド』ショッキングなシーンTOP5

肺癌宣告をされた純朴な教師、ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)が、家族にお金を残すために麻薬の密造・密売ビジネスに手を染め、やがては<麻薬王>へとのし上がっていく姿を描いた大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』(2008年〜2013年)。その性質上、同ドラマにおいてはショッキングなシーンが多々登場するが、今回はそうした中でもとりわけインパクトの大きいシーンを紹介したい。

10歳の少年がコンボを銃殺【シーズン2 エピソード11】

主人公であるウォルターの相棒で元生徒のジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)の親友として登場するクリスチャン・“コンボ”・オルテガ(ロドニー・ラッシュ)。
頭脳はイマイチながらも、どこか憎めないムードメーカー的な存在であった彼は、麻薬を売る客を待っている最中にフラリと現れた10歳の少年によって銃殺されてしまう。自身の命を付け狙うかのように停車する車に気をとられたコンボ。そこへあたかもただの通行人ように自転車に乗って現れた少年に、殺されてしまう姿は「無邪気な子供が暗殺をする」というギャップも手伝って、多くの視聴者に極めて大きなインパクトを与えることになった。

Breaking Bad Official/YouTube

ガスが部下を惨殺【シーズン4 エピソード1】

地元住民から敬愛される実業家という“表の顔”を持ちながら、実は南西部の麻薬市場を牛耳るマフィアのボスという“裏の顔”を持つグスタボ・“ガス”・フリング(ジャンカルロ・エスポジート)。
ウォルターを抹殺して麻薬ラボの運営をゲイル・ベティカーに任せようと考えたガスだが、それを阻止された彼はミスを犯した部下、ヴィクター(ジェレミア・ビツイ)を“けじめ”として殺害することに。
自分の片腕ともなっていた忠実な部下を殺すことになった背景には、ウォルターの技術を盗ませたゲイルがヴィクターのミスで殺されてしまったことで、究極のドラッグの製造方法を独占する人物となったウォルターと、その腹心であるジェシーを殺害できなくなってしまった“けじめ”をつけなくてはならないという事情があるものの、ガスが自身にとっての忠犬ともいうべきヴィクターを実に「アッサリ」と殺害してしまったことは、多くの視聴者にとってなかなか強烈なものであった。

トッドが無邪気な少年を銃殺【シーズン5 エピソード5】

犯罪者としてのウォルターを尊敬しているトッド・アルキスト(ジェシー・プレモンス)もまた、平然と命を奪うタイプの人間だ。
麻薬原料を強奪した「事後の様子」を少年に見られてしまったトッドは、呑気に手を振る少年に向けてためらう様子すら見せずに発砲し、無残にも殺害してしまう。一味が引き起こした麻薬原料の強奪について、その意味すら理解していないであろう少年は、本来であれば口止めさえも不要だったはず。それにもかかわらず、彼を惨殺してあろうことかその遺体を平然とフッ酸で溶かして証拠隠滅をはかるトッドのサイコパスな姿は、まさに背筋の凍るものがある。

Breaking Bad Official/YouTube

ウォルターがマイクを銃殺【シーズン5 エピソード7】

ガスの片腕として犯罪のもみ消しから暗殺までやってのける実行部隊のトップ、マイク・エルマントラウト(ジョナサン・バンクス)。
彼はウォルター&ジェシーと一緒に過ごす中で、ジェシーが若くしてキラリと光る素質を持っていることや、人間として魅力的なものがあることを知り急速に好感を抱くこととなったが、その一方で、ウォルターに対しては気性に難があると感じて嫌悪感を抱いていた。そうした背景がある中で、ウォルターは「目的」という観点ではわざわざ殺さなくても良かったマイクをいとも簡単に銃殺してしまう。この事件はウォルターが必ずしも合理的ではなく、明晰な頭脳が弾き出した算段を逸脱したとしても、自身の感情を優先させて凶行に及んでしまう性質であることを見せるものとなった。

View this post on Instagram

Jonathan Banks joins Better Call Saul!

A post shared by Breaking Bad (@breakingbad) on

ハンクとゴメスの死【シーズン5 エピソード14】

凶行を繰り返す主人公・ウォルターの鬼畜ぶりが目立つ同ドラマにおいて、ある意味、真っ白なキャラともいえるのが、ウォルターの義弟で麻薬取締官のハンク・シュレイダー(ディーン・ノリス)と、その相棒スティーブン・ゴメス(スティーヴン・マイケル・ケサダ)だ。
ハンクとゴメスは、ウォルターが雇った殺し屋、ジャックと激しい銃撃戦を展開することになってしまうのたが、その際にゴメスは呆気なく銃殺され、残るハンクも現場に居合わせたウォルターの懇願もむなしく、銃殺されてしまう。結果としてウォルターは唯一、心を許していたハンクを失うことに。その場に倒れこみ、涙を流し、言葉を失うウォルターの姿が印象的だった。ハンクは良くも悪くもその人間味ある人柄から、多くの視聴者に愛されてきた人気キャラクターだったため、この衝撃的なシーンでショックを受けたファンも多かったのではないか。

View this post on Instagram

#ThrowbackThursday

A post shared by Breaking Bad (@breakingbad) on

『ブレイキング・バッド』の続編を描くファン待望の映画『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』は、2019年10月11日(金)よりNetflixにて独占配信。

TAGS