2試合連続KO 王者・村田諒太が強くなった理由とは?

元世界チャンピオン、渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則がボクシングについて語り合うYouTubeチャンネルで、昨年2試合連続KO勝利を果たした村田諒太が強くなった理由について分析した。

渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル/YouTube

村田は2019年7月12日の試合でロブ・ブラントと戦って2ラウンドTKO勝利。同年12月23日のスティーブン・バトラー戦でも5ラウンドTKO勝利を収めた。連続KO勝利で波に乗っている村田の今後の対戦相手にも注目が集まっている。

バトラー戦について渡嘉敷が「KOであんなにあっさり勝つとは思わなかった」と語ると、竹原も「僕もびっくりしました」と同意。畑山は「1試合前のブラント戦があるじゃないですか。あれが転機になっていますね。あの試合負けたらもう終わりじゃないですか。あそこで村田君は腹をくくったんですよ」と、心境に変化があったのではないかと推測した。

さらに畑山は「村田君の足りないところっていうのは、積極性だったんですよ。ガードはすごくいいんだけど、オフェンスよりディフェンスに重きを置きすぎてしまって手がでない」と、以前の村田について分析。ブラント戦では積極的に戦っていたと振り返ると、竹原は「ああいう試合をやっていたら、お客さんがめちゃめちゃ盛り上がってくれて、打ち合うことがクセになるんだよね」と補足した。

村田のすごさについて竹原は「パワーもあるし、打たせない。まず1番は金メダリストでプロのリングに上がって、世界チャンピオンになったこと」と評価。

一方で、畑山はプロ転向時の村田について「プロになって2、3試合観ましたけど『これは世界チャンピオンは無理だ』と思いました」と告白したが、「だんだんと彼が強くなっていっている」「明らかにバージョンアップをしている」と、確実な成長を遂げていることを認めて「とにかく、彼は『後がない』って知っているので、これが今一番の彼の強みですよ」と解説した。

TAGS