村田諒太の対戦相手は「ゴロフキンが面白い」 レジェンドが大胆予想

渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則という元世界チャンピオンがボクシングについて語り合う豪華なYouTubeチャンネルにおいて、昨年2試合連続でKO勝利し波に乗っている村田諒太の今後の対戦相手について、3人が熱いトークを交わした。

渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル/YouTube

村田は2019年7月12日の試合でロブ・ブラントと戦って2ラウンドTKO勝利。同年12月23日のスティーブン・バトラー戦でも5ラウンドTKO勝利を収め、今後の対戦相手にも注目が集まっている。

渡嘉敷がゲンナジー・ゴロフキンやサウル・カネロ・アルバレスと試合をする可能性について「カネロはいきなりはどうかなと思うけど、ゴロフキンだったら面白いよな?」と問いかけると、畑中は「面白いと思います」と認めた。

さらに畑山は「ゴロフキンは力も落ちてますからね。全盛期の峠は越えている選手で、逆に村田君はこう(上り坂)ですから、ゴロフキンだったら面白い。ただ、カネロだったらあと2戦ぐらいやってから観たいですね」と期待を寄せると、渡嘉敷は「カネロとやれたらすごいな。金の話を言うのは変ですけど、(ファイトマネーが)何十億もいっちゃうな。下手すりゃ百億近いな!」と興奮気味に語った。

村田とゴロフキンの試合展開を予想することになると、畑山は「体格とパワーは村田君が有利だと思う。今のゴロフキンだったら非常にかみ合うと思う」と語り、竹原は「ゴロフキンが有利だと思うけどチャンスはある」、渡嘉敷は「五分五分だと思う」とそれぞれに予想した。

2月3日に関係者らの話から5月に実現の可能性がささやかれていたカネロ戦がなくなったことが明らかになったが、今後も交渉は継続されるとのことなので、ゴロフキン戦を含め今後の動向に注目をしたい。

TAGS