セクハラ問題は否定できない事実、もう無視できない シャーリーズ・セロン 『スキャンダル』の重要性

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーというハリウッド3大女優が共演する映画『スキャンダル』(2月21日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー)が公開を迎える。

本作で描かれるのは、米国で視聴率ナンバー1を誇るテレビ局<FOXニュース>で2016年に起きた実話スキャンダルの裏側。
スキャンダルに動揺する売れっ子キャスターのメーガン・ケリーをシャーリーズ・セロン、CEOロジャー・エイルズを提訴する元人気キャスターのグレッチェン・カールソンをニコール・キッドマン、若手キャスターのケイラ・ポスピシルをマーゴット・ロビーが演じる。

ギャガ公式チャンネル/YouTube

本作でプロデューサーも務めたシャーリーズ・セロンは、本作の重要性や描かれるセクハラ問題について「これは否定できない事実だし、もう無視できない物語よ。打ちひしがれて怒ると同時に、でもそんな不条理な世の中を笑い飛ばすにはどうしたらいいかって…」と思いを語った。

また共演したニコール・キッドマンについて、「ニコール・キッドマンがグレッチェン・カールソンを演じたのだけど、本当に素晴らしかったわ。努力もそうだし熱心な取り組み方も、映画をサポートしたいという情熱には感動したわ。この映画を推し進めなくてはいけなかった時彼女に電話をしたの。すごく恐れながら、ニコールが企画から外れるかどうか聞いてみたの。“シャーリーズ、私はどこにも行かないわ。あなたの味方よ”と言ってくれた。彼女のような味方がいてとても心強かったわ」と振り返っている。

『スキャンダル(原題:BOMBSHELL)』は、2月21日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

©︎ Lions Gate Entertainment Inc.

TAGS