ヒップホップ界の最重要プロデューサー集団とZ世代最強ラッパーがゾンビをブッ倒す

謎のプロデューサー集団<Internet Money(インターネット・マネー)>が昨年8月にリリースし話題となったアルバム『B4 The Storm』。その中に納められている曲「Blast Off」のミュージック・ビデオがリリースされた。

Internet Money Records/YouTube

この曲は、ラッパーのトリッピー・レッドと、2019年12月8日に薬物の過剰摂取により21歳の若さで急逝したジュース・ワールドをフィーチャーした曲。今回リリースされたMVはアニメ仕立となっていて、荒廃した近未来の世界でゾンビハンターとなったジュース・ワールドとトリッピー・レッドが、モンスターや悪魔と戦い、最後にはモンスターになった美女を人間に戻す、というストーリーになっている。アニメーション制作とディレクションは「KDC Visions」だ。

この曲はジュース・ワールドの没後に発表された曲の1つとなる。昨年2020年7月には、『Legends Never Die』がジュース・ワールドの没後アルバムとして発売され、ビルボード200で初登場1位を飾るなど商業的にも大成功し、彼の人気や影響力の大きさが死後も衰えていないことを知らしめることとなった。また今年1月末には、DJ Schemeがジュース・ワールドをフィーチャーした曲「Buck 50」をリリースしている。

ジュース・ワールドには作りためていた未発表曲がまだ2,000曲もあると言われており、今後もまだまだリリースは続きそうだ。

TAGS